鬼灯の木乃伊

このタイトル!どうです?読めますか?「ホオズキのミイラ」です。
a0150848_12305131.jpg
今回の独り撮影会で最もお気に入りの被写体です。繊維だけが綺麗に残って・・・

若々しい姿のもありました。a0150848_12331788.jpg
こんな可愛い実に「鬼灯」なんて漢字を当てるとは!
読み方の「ホオズキ」の響きが可愛らしいだけに違和感はさらにアップ。
どうせなら、この際、意味はあまり拘らずに音にあてて「頬好」だと可愛らしいのに・・・

ホオズキと言えば思い出すのが子供時代。
この中に入っている真ん丸の実を上手に外して、口に入れて音を鳴らして遊ぶのです。
とみこさんとがみちゃんは上手に鳴らすのに、私にはどうしても出来なかった。

実を上手に外すこと自体も、なかなか難度が高くて、穴が破れて失敗することが多い上に
なんとか外すことが出来たとして、鳴らす事が出来ない。

アタシが人生で味わった最初の敗北感はコレかもしれない。
未だにホオズキを見るとあの頃の悔しい気持ちが蘇ります。
あまり昔の記憶がない私が鮮明に思い出すのだから
よほどショックだったのだろうと思われます。
[PR]

by kokuzo89 | 2010-10-03 12:40 | 植物 | Comments(4)

Commented by エディ at 2010-10-03 15:20 x
漢字検定2級の僕でも「鬼灯」は知りませんでした・・・
確かに音の響きと漢字のイメージが合わないですね。
Commented by kokuzo89 at 2010-10-03 16:42
私も若かりし日に漢字検定2級を取りましたが
きっと今はもう、読めても書けないと思います。
パソコンに頼り過ぎて・・・・
Commented by とみこ at 2010-10-06 17:52 x
鬼灯を頬好なんて素敵な変換!そして繊維だけの姿がオブジェみたいで芸術品。不思議な事を憶えているのですね、私が出来てkokuzoさんが出来ないのはお部屋のお片付けだけだと思っていましたが?そんな気長な事も出来ていたのだ。
Commented by kokuzo at 2010-10-07 18:49 x
私が苦手なのはお部屋の片付けだけではないですよ!