釜山アクアリウム その1

韓国旅行3日目の朝、私は独りで水族館に行きました。
その時間、パパ吉ととみこさんとがみちゃんは、チャガルチ市場でお刺身を食べたそうです。
私が一緒だとどうしても、手っ取り早く韓国語で話を付けてしまうけど
とみこさんは熱心に韓国語を勉強しているし、がみちゃんは英語が喋れるので
たまには別行動で、直に現地人と接する方が楽しくて良いだろうという気持ちもあり・・・

私が韓国に住んでいた10数年前にはろくな水族館が無かったものですが
今では、数か所に立派な水族館があり、釜山アクアリウムはその一つ。
多分、作りや構成は日本の水族館を大いに参考にしたと思われ、パッと見新鮮味が無い。
平日だったため、大混雑ということなく、快適に楽しめました。

一番、衝撃的だった場面が、コチラのクラゲの水槽。
a0150848_915935.jpg
「展示水槽 清掃中」と書かれたラベルが貼ってあります。
口をくくった透明なごみ袋の中で、クラゲがカサを揺らめかせておりました。
それがまた、数あるクラゲ水槽の中でダントツに大きい目立つ水槽であったこともあり
大変にシュールな画でありました。

次に面白かったのが何かのサメのタマゴを生んだ日順に並べて陳列したコチラ。
a0150848_9112457.jpg
タマゴの中でサメの赤ちゃんが元気に動いている様子がハッキリ見えます。
あんまり日本でも見た事がない展示で、ちょっとテンションが上がりました。

観覧客からは殆ど見向きもされてませんでしたが、私は目が離せないマンボウ!
a0150848_9132941.jpg
昔、須磨の水族園にやって来た時は感動したものですが
飼育が難しいらしく、すぐにいなくなってガッカリしたのを覚えています。
久々に見ましたが、やっぱり、ステキなサカナです。
皮膚が弱く泳ぐのが下手くそで水槽にぶつかって弱ってしまうのが飼育困難な理由だからか
水槽内は殺風景なまでに何もなく、マンボウ2匹以外は一切別の生き物はおらず
アクリルガラスの手前に透明のビニールをグルリと張り巡らせて彼らを守ろうとしてました。
水族館側は「韓国でマンボウを見れるのは釜山アクアリウムだけ!」という誇らしい貼り紙をしてましたが
どういう訳か、まったく人気がありませんでした。アンビリーバブル。

第1弾の最後は、リアルなソフトタッチのニモが描かれたトイレ。
a0150848_9253975.jpg
これ以外にもサメとかカニとか様々な海の生き物がトイレには描かれていました。ブラボー!!!
[PR]
Commented by ぽむ at 2012-09-30 22:49 x
マンボウって海遊館でいつも見ていたので、そんなに飼育が難しい魚だとは知りませんでした。
今検索したら、海遊館のマンボウも去年の春に死んでしまったみたいです。
可愛いから見てはいたけど、もっと有り難がって注目しておけばよかったな。
Commented by kokuzo89 at 2012-10-01 07:31
水族館で飼うのは難しいけど、海の中ではよく繁殖してるみたいで
漁港近くの町ではフツーに食べられてるそうです。
っていうか、ぽむさんが「マンボウを可愛い」と思っていたというのが
ちょっと意外でした。
by kokuzo89 | 2012-09-30 09:28 | 韓国 | Comments(2)

ぼちぼち復活 のんびり更新


by kokuzo89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31