開かずの踏切り

線路とはまたいだりくぐったりするモノで
踏切りを渡るということは日常、ほとんど無い。
一度、鶴見で踏切りに当たり、待てど暮らせど
開かず、半泣きになった経験があるので
横浜では、どこで線路をくぐるべきかをある程度
把握している。
今日は水族館に向かう道で踏切りにあたった。
JR西日本の神戸線、平日の10時ならたいした事あるまい
と思ったら、ところがどっこい、これが全然開かない。
今日は全然急いでない。時間ならいくらでもあるので
「どれ、開くまで待ってやろうじゃないか!」と
ドンと構えて待っていたけど、本当に開かない。
踏切り待ちの人が一人二人と増えていき、口々に
開かない踏切を罵倒している。
そして、一人二人と断念して去って行った。
どのくらい待ったかよく分からないけど、とにかく
踏み切りの棒は一瞬だけ上がった。
上がったかと思ったらまた「カンカンカン」と鳴り始め
渡り終わる前に、すっかり向こう側の棒は下り切っていた。
恐るべしJR西日本!
[PR]
by kokuzo89 | 2006-05-09 17:40 | 徒然 | Comments(0)

ぼちぼち復活 のんびり更新


by kokuzo89
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31