何なんでしょ?この差は・・・


saitahiya.JPG
現在、こんな感じです。
名前も付けないままに
すっかり大人になっちゃって
今はまだ、頭でっかちでもなく
清楚なホワイトカラーもステキです。
去年は窓際において日光に当てたため
根っこにコケが生えて
水はすぐに緑色になって大変でしたが
今年は蛍光灯だけなので水は透明。


kihiya.JPGもう一つのヒヤシンスはエライ成長が遅くて
いまだにこんな状態です。
あまりにも育たないので、この子は
窓際において日に当てていますが
その後の成長ぶりも芳しくはない。
でも、水栽培の球根って
ある日、怒涛のように
急成長しはじめるものなので
特に心配はしておりません。

しかし、球根のサイズと価格が全然違う ことを除けば
全く同じ条件で育てているのに
なんで、こんなに差がついちゃうんでしょう?
やっぱり、元々の球根の栄養キャパが違うんやろか?
[PR]

by kokuzo89 | 2008-01-19 00:04 | 植物 | Comments(2)

Commented by ちみ at 2008-01-21 11:05 x
お久しぶり!
ブログ、楽しく読ませていただいてます。
いつもコメントをしないので、何か盗み見しているような後ろめたさがあるんだけど・・・今日はちょっとだけ。

ヒヤシンス、実はうちの娘の保育所でも育ててます。
二つあるんだけど、kokuzoちん家のと同様、一つは上品なまでの薄ピンクの花を身にまとい、「私を見てよ!」と言わんばかりの咲きっぷりなのに、もうひとつときたら、kokuzoちん家の遅いヒヤシンスと全く同じ状態です。

今朝も先生と「この差は何なんだろうねえ…。」と話してたところでした。
子供にも個性があるように、ヒヤシンスにも個性があるんでしょうね。

親としては心の中では心配しながらも、暖かく見守るしかないんでしょうね。
Commented by kokuzo at 2008-01-22 22:54 x
アンニョン!ご無沙汰!
ヒヤシンスの個性かぁ。そんなんあるんかな?
ともあれ、水栽培というのは、楽しいものです。