一番可愛い年頃


kisugu.jpg発育の遅かったほうのヒヤシンスも
ついに蕾がぎっしりと付いてきました。
もう花が咲くのは数日中のことでしょう。
こちらは黄色い花が咲く予定であります。
花自体の可愛らしさもさることながら
私はこの蕾の時期がヒヤシンスにおいて最上の
もっとも愛らしい時代ではないかと思います。

まだ、香るわけでもなく、緑色でキュッとした
頑なな感じとか私は好きです。

ちなみに成長の早かった方のヒヤシンスは
もうすっかり枯れてのミイラになってしまってます。
葉っぱが艶っぽく瑞々しいので、捨てずに水につけたままにしてます。
実は干からびた去年のシンシンもミイラにして取ってあります。
なんか捨てられなくって・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2008-02-11 18:05 | 植物 | Comments(2)

Commented by とみこ at 2008-02-12 18:00 x
なんと若々しいヒアシンス!どんな生物も未熟な時が一番可愛い!
誰にもある時期だけどその時期には気が付かないという不幸、でも間違いなくあったのだから満足しよう。それにしてもミイラ状態のものも置いてあるなんてなんて優しいのでしょう、そういえば昔あー、枯れたと花をちぎって捨てた時驚いていましたね、あの頃から繊細だったのだ、隠れ繊細ですが。
Commented by kokuzo at 2008-02-13 22:20 x
愛着が湧くとなかなかゴミ箱には捨てられません。
ワタシは繊細とガサツが同居してますね。
確かに客観的には繊細そうに見えないと思います。