自分の身体にファブリーズ

私は色んな感覚が鈍感に出来ていて
お陰で、たぶん、他人よりも不快さを感じにくい。

そんな私が今日は不快さにのたうち回った(?)

原付に乗って、お買い物に行って家に帰ってきたら
自分の身体が強烈な悪臭を発しているのです。
コレはアレだ。「カメムシ」。

とてつもなく不愉快で耐えがたい臭い。

羽織っていたGジャンを脱いで見たらしっかりくっ付いてた。
脅かして飛び回られたりしたらカナわないので
ビニール袋にGジャンごと閉じ込めて、家の外に捨てた。
着ていた服を全部脱いで、自分の直の肌の匂いを嗅いだら
しっかり「カメムシ臭」が染み付いている。
あぁ、なんて絶望的に強烈な浸透力!!!!

無駄な抵抗と知りつつ、とりあえず脱いだ衣服と
自分自身にファブリーズをシューシュー振りかけた。
でも、あまりにも気持ちが悪いので、服は洗濯し自分もシャワー。
ボディソープをたくさん付けて身体を洗った。

落ち着いてから、インターネットでカメムシを検索した。
あれは「マルカメムシ」という種類らしい。
ネット情報によると、カメムシは自分の臭いで死ぬこともあるらしい。
(瓶の中で突いて臭いを出させた後、密閉して閉じ込めた場合)

世の中には、果物のドリアンとか魚のクサヤとかスカンクのおならとか
臭いものがイロイロあるけど、大抵は避けようと思えば避けて通れるので
不意打ちにされる悪臭なんて、そうそうない。
また、悪臭を発するモノがあったとしても、離れてしまえばOKだろうだけど
カメムシは排除した後も染み付いてる。

あぁ、恐るべしや・・・
[PR]
Commented by とみこ at 2009-05-26 09:17 x
読んだだけでも悪臭が伝わってきます。自分の臭いで死ぬというのが一つ面白い。非難を覚悟で書くと加齢臭も結構辛いよ、離れればどうってこと無いけど高齢の自分を振り返って、自分では気が付かないのに案外に強い悪臭を放っているのではと思うとコワイ。
Commented by kokuzo at 2009-05-26 22:36 x
幸か不幸か自分の匂いというのは認識しづらいもんですね。
加齢臭は浸透はしないから恐るるには足りません。
by kokuzo89 | 2009-05-23 19:26 | 愚痴 | Comments(2)

ぼちぼち復活 のんびり更新


by kokuzo89
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31