神戸 ザ・動物ワンダーランド?

ミクシィには毎日、ログインしています。
かつてはマイミクさん達の日記を読むのが目的でしたが
一人二人と日記を書かなくなってしまい・・・・

それで、この頃はそこでリンクされてるニュースを見る事が主な目的に変更。
これがまぁ、そこそこ面白いのです。

今日は神戸のニュースがあったので、ちょっと紹介します。(以下引用)

神戸市中央区熊内(くもち)町の狐(きつね)川(川幅約5メートル)に、
体長40〜50センチの子イノシシ(うり坊)が6月末から迷い込み、
高さ約6メートルのコンクリート護岸を登れずに、脱出できない状態になっている。


そこそこ都会の神戸市の中でも一番華やかな中央区に於いて
イノシシが出没するというニュース自体もステキなのですが
その舞台となった場所の地名がスゴイ。「熊内町の狐川」とは・・・
動物づくしなニュースに思わずニンマリ。

愛くるしいウリボウが水路に迷い込み脱出できずにいる。というのは
考えようによっては悲劇なのに、何故か微笑ましい。

ニュースの最後に添えられた、地元小学生のコメントもほのぼのさを助長させる。

近くの市立雲中(うんちゅう)小6年、酒井正紘君(11)は
「イノシシは時々見かけるけど、水路にいるのは初めて見た。
何とか早く山に帰ってほしい」と心配そうに話した。


神戸、エエとこでっせ!!!
[PR]

by kokuzo89 | 2009-07-05 12:01 | 徒然 | Comments(0)