カテゴリ:風呂( 40 )

おふろの国でマッサージ

今日は朝からおふろの国に行ってきました。
早い時間にはチビッ子がいないという事を知ってからは
朝風呂が定番になりつつあります。
ひと肌の湯、今日はジャスミンティーの香りでした。

肩凝りがひどいので、お湯でじっくり温めた後に、おふろの国に併設された
リラクゼーション施設でマッサージをやってもらいました。20分2000円の明朗会計。
左側が特に凝っている旨を告げて、診察台みたいなのにうつ伏せになる。
黙々と肩を揉まれる。凝っている所をグリグリされる。そこそこ気持ちイイ。

しかし、終わってみれば、何の事はない。凝り固まって痛い所は
相変わらず痛いまんま・・・耐え難い痛みという事はないけど
マッサージをしてもらって、何か改善した様子は全くない。

ウーム。20分コース程度ではダメということか?
最長80分コースまであるのだけど、どうなんだろう??
時間を長くやってもらえばコリは解消するのかな?
確証がないだけに躊躇してしまう。時間に比例して料金は高くなるからね。

アーぁ、なんか確実に肩こりが治るという保証があれば
そこそこ投資する気はあるんだけどなぁ・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2009-11-15 17:23 | 風呂 | Comments(5)

朝風呂が正解

今日は朝9時半頃からおふろの国に行った。
元気な子供らはまだやって来ていなかったので、本当に静かに寛げた。
大好きなひと肌の湯は一人で独占状態になる事もあるほど朝は空いている。
いやーー、極楽気分でした。

それと、今日は下らないことですが感動したことがあって・・・
おふろの国からイトーヨーカドーまでカエルバイクで行くのに
途中で一度も信号に引っ掛からなかったのです。
距離は2.5キロ程度、信号機だって数えちゃいないけど20位は優にあったはず。
これまたイイ気分・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2009-10-18 17:20 | 風呂 | Comments(0)

癒しの敵=コドモ

おふろの国で一番好きなのは「人肌の湯」!
日替わりで、変テコリンな入浴剤が使われてて
若干人工的な、しかし嫌いじゃない香りがして
湯船は広々としてて、絶妙に気持ちイイ。

このお風呂でウトウトあるいは爆睡しながら
1時間くらいは平気で浸かっています。

ところで、この人肌の湯は子供達も大好きなのだ。
大抵の大人が、魂が抜けたようにホワーンと寛ぐのに対し
子供は温水プールみたいな気分でやって来る。
泳いだり潜ったり、バチャバチャしたりウロウロしたり

折角、極楽気分でうっとりしてる所に水しぶきを掛けられたり
足を踏んずけられたリ、横でギャーギャー騒がれたり・・

親が一緒にいれば、暴走しないようにしてくれるのだけど
ある程度、小学生の3,4年生くらいになると親もほったらかす
この辺の年の子が一番困る。

まぁ、自分が子供の時の事を振りかえると・・
大きなお風呂で友達と一緒だと絶対にテンションが上がるのは
十分に分かる。風呂を楽しむのは大いに結構だ。

と自分に言い聞かせてガマンしているけど、時々、キレそうになる。
子供のいない時間に風呂屋に行けばいいのだろうけど
夜の9時や10時になっても、子供はいるのです。
むしろ私の方が先に睡魔に襲われて家路に就くことに・・・

なかなか街の銭湯で癒されるのは難しい。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 13:34 | 風呂 | Comments(0)

万葉倶楽部 お食事

万葉倶楽部にはレストランも充実しています。
今回、頂いたタダ券にはランチバイキングの割引券も付いていたので
トライしてみました。割引後でも1900円位と結構なお値段。

キャンペーン期間中はドリンク類半額という事で、白昼堂々生ビールも堪能!!

バイキングは楽しい。好きなモノだけ食べられるというのが良い。
やはり少し贅沢なバイキングで、握りたてのお寿司、とか
目の前で揚げてくれる天ぷら、とか、出来たてのセイロ蒸しとかがある。
フルーツもメロンと苺とブドウとハイソでちゃんと美味しい。
野菜は湘南地区で獲れたものだそうで、結構変わってました。
紫色のカリフラワーとか熟した色がミドリのトマトとか
見たこともないような変な野菜とか・・・

ほとんど和食で、やはりヘルシー志向という感じのメニューでした。
私は食べませんでしたが、ごはん系も流行りの雑穀入りのヘルシー系でした。
お蕎麦があれば、私としては尚良しだったのですが。

私が食べたのは・・・

ナスとひき肉の揚げ煮込み、鶏肉の煮物、オクラと山芋の和えもの
肉じゃが、お寿司8貫、アスパラとインゲンの天ぷら、サラダたっぷり
シジミのおみそ汁とアサリのお吸い物、山芋とろろ、明太子入りダシ巻き卵
山芋豆腐と卵豆腐、豚の冷しゃぶ、果物、そして生ビール2杯!!

こんなに書くと随分たくさん食べたようですが、それぞれは
チョビットずつなので苦しくなるほどではありませんでした。
また、70分という制限時間があったため、残念ながらデザート(お菓子)は
食べる時間がありませんでした・・・
もう少し長く90分くらいの時間が与えられてたら言うことなしでした。

私はお一人様だったので窓際のカウンター席に座らされました。
横にズラリとお一人様が並んでましたが、一人当たりの専有面積は広く
そんなにチマチマした感じはありませんでした。
目の前に観覧車やジェットコースターが見えて、ビール飲みながら
すごい幸せな気分に浸りました。

お料理はどれも美味しかったです。
まぁ、私は食べ物の味に対するハードルがかなり低いので、
私に不味いと言われたら、食べ物としてかなり問題があるという事になるかもしれない。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-06-28 19:55 | 風呂 | Comments(3)

万葉倶楽部 その他の施設など

どうも、ここまで万葉倶楽部に対する評価が厳しい。
これはまぁ、ひとえに料金設定を考慮した評価なのですが
さすがに高いだけあって、アメニティ類は充実してます。

館内着として提供される浴衣は8種類ほどから柄が選べる。(甚平も有り)
私はリンドウの柄の黄色の浴衣をチョイスしました。
カエル色のがあれば迷いなく飛び付いたのですが無かったので・・・
小さいタオルとバスタオルは何枚でも使い放題。
歯ブラシ、ヘアブラシ、シャンプーキャップ、カミソリも使い放題。

洗い場内のシャンプーは普通の銭湯なら洗うと髪がバシバシになる
オカシナものが据え付けられていますが、ここでは資生堂のTSUBAKI(赤)
ボデーソープや洗顔料はモチロン、ゴシゴシタオルも使い放題。

お風呂上がりに髪を乾かしたり、化粧などをしたりする人も多いですが
ドライアーはイオンの出るハイパワーのエエ奴とクルクルドライヤーも完備。
化粧水や乳液にコットン、髪用のムースやら何やら充実してて
本当に、完全に手ぶらで来ても全部ここのモノを使って完結できる。
コレは街の銭湯では得難い贅沢だと思う。
(まぁ、たいていの銭湯には「手ぶらセット」なるものが販売されてるけど)

私が一番気に入ったのは、洗い場のシャワーヘッドです。
全部ではないのですが、所々にステキなシャワーヘッドがついてる。
なんかの石が入ってて、たぶん、お肌に優しい軟水になる効果があるのでしょう。
それは、まぁ、どうでもいいのですが、お湯の出方のモードがあって
「ソフトスプレー」という方にセットすると、霧のようなきめの細かい飛沫になって
それはそれはウットリするほど気持ちが良いのです。
お湯の温度調整ももちろん可能ですので、少し冷ための温度にして
身体に吹き付けるともう、気持ちが良いったらないのです。

他には健康ランド的な施設も一杯あって、ゲーセンとか各種マッサージ(もちろん別料金)など。
ゲーセンには私の大好きなエアホッケーがあって、もし同行者がいたら間違いなく
プレーをしただろうな。残念ながら卓球台はなかったようです。

私は無料で利用できる、テレビ付きのリクライニングチェアで仮眠を謳歌しました。
有線放送だか、やたらチャンネルが充実していて、あれこれ回してたら
Jスポーツのチャンネルでちょうど卓球の岸川選手の特集をやってて
普段、そうそうお目に掛ることのできない番組が見れてご満悦。
ゆったりとしてて、すごく心地よかった。

唯一手放しでブラボーといえる施設だったかも・・・

あと、見向きもしなかったですが、受付や会計をするレジの近くに
売店があって、各種横浜土産はじめ、色んなものが売られてます。
今は、Y150の記念の「たねまるグッズ」が叩き売りされてました。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-06-28 19:35 | 風呂 | Comments(0)

万葉倶楽部 サウナ&岩盤浴

みなとみらい万葉倶楽部は基本料金の中にサウナが3種含まれていますが
岩盤浴は別途料金で1000円が必要です。
今回、入館料が無料だったという事で岩盤浴もやってきました。

まず、基本のサウナですが、塩サウナ、ミストサウナ、高温サウナの3種類。
高温サウナのみテレビがついてますが、一様に「可もなく不可もなく」な感じ。
ただ、若干ハーブ(漢方?)っぽい香りがして悪くはないです。

サウナと言えば水風呂ですが、ここは水風呂の設計が非常に拙いと思う。
水風呂は汗をかいた後に入るモノで、入る前に身体に水をかける事が必須ですが
異常に湯船が低くて水を身体に掛けにくい構造になっている。
街の銭湯の方がよっぽど気が効いている、と思う。

次に岩盤浴ですが、1000円払うと、専用の甚平と大きなバスタオルが貸与され
ミネラルウォーター1本をくれる。その他にも代謝を良くするというハーブティが飲み放題
大分、岡山、京都の名水のサーバーがあって自由に飲める。

で、肝心の岩盤浴ですが、コチラも温泉と同様にバラエティが乏しい。
部屋の数自体は4種類ほどあるのだけど、どれも温度が同じ。
確かに敷き詰められた鉱石類はかなり多種多様で
その効用についての説明書きも施設内にあってナルホドとは思うけど
実際にバスタオルを敷いて寝ころんでしまえば、その下にあるのが
「ゲルマニウム」「麦飯石」「翡翠」「ブラックシリカ」「ヒマラヤ岩塩」「黄土」
と言われても「はぁ・・・」って感じで、何のこっちゃ分かりゃしない。
照明に多少の工夫はしているようだけど、実際、寝ころんだ後は目をつぶるしね。

しかも、これまたキャンペーン期間中という事で寝転ぶスペースがないほどの混雑。
さすがに関西よりは室内で大きな声で喋る困ったチャンは少ないけど
寝ころぶ場所を求めて、あちこち彷徨うのはちょっとガッカリ。
でも、一番ゲンナリしたのが、火照った身体を冷ます「涼しい部屋」。
これが、他の街の銭湯の岩盤浴施設なら、凍える程に寒く温度設定されてて
シャキーンと気持ちが良いのだけど、万葉倶楽部のはちょっと冷房が入ったフツーの部屋。

サウナはその後の水風呂のために、岩盤浴はその後のクールダウンのために
と、私はその後の方がどちらかというと「幸せ度」が高いのに
こんなぬるい部屋では、岩盤浴で頑張る甲斐が無い。

以上、岩盤浴はほぼイイとこ無しでした。

・・・とはいえ、岩盤浴自体は大好きなので
3時間くらい入り浸って、気持ちよく汗を流しました。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-06-28 19:14 | 風呂 | Comments(0)

万葉倶楽部 お風呂

えー、予告通り(?)みなとみらい万葉倶楽部のレポートをしたいと思います。

どうして出張温泉と書いたかというと、まぁ御存知の方も多いと思いますが
HP内の説明を引用させていただきますと

横浜みなとみらい万葉倶楽部の湯は、古来より名湯として知られる
「熱海温泉」と「湯河原温泉」の源泉から毎日タンクローリーで運ばれてきたものです。


ということです。
横浜にいながらにして、熱海温泉と湯河原温泉のお湯に浸かることが出来ます。

巨大な湯船が室内に一つと露天に一つ。
あとは、檜風呂岩風呂寝風呂水風呂がありますが
基本的にどれも同じ温度で熱海も湯河原も無色透明で
特に匂いもないようなので、私などにはあまり違いも分からず
「有名な温泉だし有難いのだろう・・・」くらいの気持ちです。

みなとみらい地域は横浜の中でも最も景色の華やかな場所であり
露天風呂からの景色はなかなかのモノです。
お風呂は7階に集中していますが、屋上階である9階には足湯があり
ここは360度の展望が可能で、夜景は絶品です。

今回、キャンペーン期間中という事で、私と同様にタダ券で来たと思われる客が
ワンサカいて、平日の昼間とは思えないほどの混雑ぶり。
高いけど、人が少なく贅沢気分を味わえる所に万葉倶楽部の醍醐味があるとしたら
ハッキリ言って、今回は町の銭湯よりもゴミゴミしてて
無料だから文句は言わないけれども、庶民ムード満々でした。

正規料金2620円(プラス入湯税100円)を払う価値は正直なところ無いと思う。

鶴見の「おふろの国」の方が断然バラエティに富んでて面白い。
飽きずに楽しめる。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-06-28 18:48 | 風呂 | Comments(0)

なんて気持ち良いのだろう

おふろの国に行ってきた。
木曜日に3時間近くラバーズ活動(卓球)をして
金曜日はテニスで、すっかりヘロヘロの身体を
不思議の湯で癒してきました。

体温とほぼ同じのぬるま湯の中に浸かっていると
自分の身体の存在感が限りなく薄くなって
フワフワとした浮遊感を楽しめます。
これは本当に気持ちが良い。

延べで2時間くらいは入り浸ってました。
不自然な色と香りのする入浴剤もお気に入りです。

すっかり英気を養ったので、明日からまた張り切って行きます。
卓球やバドミントンをガンガンやる予定。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-08-31 21:13 | 風呂 | Comments(2)

おふろの国礼賛 〜リニューアル大成功!!

今日はお風呂の国に行ってきた。
先々週あたりにリニューアルで数日お休みをしていた。
さほど期待はしていなかったのだけど、今日、感激した。
なんと素晴らしいリニューアルだろう!!!ブラボー!!

かつては日替わり風呂としてエキセントリックな入浴剤を
手を変え品を変え登場させてきた大型浴槽がなんと
私の大好きな「不思議の湯(ほぼ体温と同じ湯温)」に変身!
そして露天のジェット風呂が私の大好きな「炭酸泉」に変身!
ちょっと小ぶりの元水風呂が「日替わり風呂」浴槽に変わり
深くて広い激烈ジェット浴槽が「水風呂」に!

素晴らしい変貌!!!!

浴槽に負けるとも劣らず素晴らしい変化というと
もともと喫煙所だった部分を取っ払って露天スペースに
寝ころび椅子が導入されたことです。
これは本当に嬉しい。今日はもう早速、大喜びでゴロンとしてきました。

これだけブラボーに変化しながら、土日料金は据え置き・・・

これまで、お風呂の国が素晴らしかったのは3種類ある
サウナすべてに違うチャンネルのテレビがあったことと
家から近いことくらいだったのだけど、この度のリニューアルで
グッとポイントがアップしました。
もう、横浜の他のスーパー銭湯に全く引けを取らない施設力です。
天然温泉は出ないけど、私にとっては、それはさほど重要ではありません。

ああ、この変化は本当にウットリだわ。
おふろの国、すんばらしーー!!
[PR]

by kokuzo89 | 2008-05-25 22:00 | 風呂 | Comments(1)

冬至の恒例行事

冬至にはゆず湯に入るべきだと考えている私は
去年一昨年もおふろの国でゆず湯に浸かった。

今年は何年ぶりかに実家で冬至を迎えた。
湯船に半分に切った柚子を1つ投入!
いくら小さい湯船だとはいえ、1個じゃ足りないだろうと思ったけど
なかなかどうして、根性のある柚子で
柑橘のエエ匂いがお風呂場に充満してて
とても満ち足りた気分になりました。
[PR]

by kokuzo89 | 2007-12-22 23:04 | 風呂 | Comments(0)