カテゴリ:徒然( 420 )

セクハラって・・・

会社で「何をセクハラというのか?」という話が出た。

人によって捉え方はイロイロで、なかなか見解を統一させにくい問題のようだ。
私自身は「受け手側が不愉快と思うかどうか」がポイントだと思うけど
例えば男が女に「○○さん、脚がきれいだね」といった場合
喜ぶ女もいれば「どこ見てんのよ」と腹を立てる女もいて
受け手がどう感じるかを予め完全に予測するのは非常に難しいと思う。
私は韓国人の上司の皆さんから「早く結婚しろ」と
ことあるごとに言われて迷惑しているのだけど
ネットで調べると、これも立派なセクハラ発言になるらしい。

私自身は、自分のことに干渉・指図されない限りは
他人の発言には寛大な方だと思っている。
神経質になりすぎるのは、むしろ滑稽だと思う。
昔のウーマンリブとかもそうだけど、結局怒ってるのは
男側から見て「対象外」の人が多いのではないか?

最終的に、某次長の結論は「挨拶と業務の話意外はしないのが無難」
ということだけど、それじゃあまりにも味気ない。
そして面倒くさい時代であります。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-10 10:57 | 徒然 | Comments(0)

顔は語る

このところ毎日ニュースで見る顔はお隣さんの子供を
殺し、自分もその数日前に娘を失ったという母親。
報道者に食って掛かるシーンや近所の人の証言など見ると
ふてぶてしいなぁ、と思うし
彼女自身もう30歳を超えているのに、風貌は昔のヤンキーみたいで
「いかにも」という感じがする。
顔を見て人を評論すると、父親に怒られるんだけど
「生き様って顔に表れることが往々にしてあるもんだ」
と、これは疑いようのない事実だと思うし
ニュースで事件にまつわる人々の顔を見てて
あまりにもイメージとピッタリだと「やっぱり・・」と
可笑しく、感心したりもする。
まぁ、マスメディアによって故意に作り上げられる
イメージというのもあって、まんまと乗せられている
という側面もあるかもしれないけど・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-09 07:42 | 徒然 | Comments(3)

オーメンデー

今日は2006年6月6日。映画オーメンの公開日ですね。
そういえば、大学生時代、女の先輩で1966年の6月6日生まれの
人がいました。その年はおまけにヒノエウマらしく
まぁ、すごい日に生まれたものだと少々羨ましい気も・・

韓国では今日は国民の休日らしいですが
正確には何を記念した日なのかよく分からない。

私自身は、まぁ平和な一日でした。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-06 22:28 | 徒然 | Comments(0)

追記 蚊を殺さない理由

もう一つ思いついたのですが
蚊を叩き殺した後、手が汚れるのが嫌だから・・・
というのが、これも割と大きな理由かも。

ちょっとした楽しみとしては、蚊が血を吸ってる時に
筋肉に力を入れて硬くすると口吻が抜けなくなると聞いたので
腕に蚊が止まると毎回「むぬぬぬぬぅ」と力を入れて
蚊をいじめています。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-06 20:57 | 徒然 | Comments(0)

基本的に殺生はしない主義

日々、お肉やお魚を食べているから
全く偉そうなことを言う資格はないのですが
私は能動的に生き物を殺すことはありません。
ま、具体的には虫なのですが
いわゆる「蚊も殺せない女」なのです。
生けとし生けるもの、皆いとおしい・・・
などという思想はないのですが
「少量の血を吸った」「ただ、そこにいるだけ」の
無力な小さな虫を潰すのは気が進まない。
もちろん、頭の上を飛び回る奴等は非常に鬱陶しいので
袋か何かに入れてから、外に出します。

神戸の家では、巨大ゲジゲジとか巨大ムカデとか
存在をとても無視できない恐ろしい虫がごくたまに
出現して、それらはもう必死になって叩き潰しました。

私が蚊に対して寛大な理由は「あまり噛まれない」からです。
どうにも私の血は美味しくないみたい。
たくさん噛まれる人は蚊が憎くもなるでしょうね。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-06 07:23 | 徒然 | Comments(0)

擬態語無しで話せるか?

私は関西人として誇りを持って生きているし
関西弁は素晴しい言葉だと思っている。
だから関東に出てきて方言を捨てたどこぞの田舎モノに
「関西の人って、なかなか方言が直らないですね」
などと言われると、まちゃまちゃのネタみたいに
「方言が直らないですね?はぁ〜?」となる。
だいたい「方言は直すもの」という発想がない。

確かに、昔からテレビを通じてお笑い芸人たちが
関西弁をメジャーなものにしてくれているお陰で
どこにいっても割と問題なく方言が通じる、という点もある。
それに、この頃は若者達を中心に方言が流行っている
という話も聞く。ファッションとしての「カワイイ方言」・・・
(今もまだ、続いてるのかな?)
まぁ、それはそれで構わないけど、私はもっと
ネーティブスピーカーが頑張ればいいのに、と思う。

あ、前置きが長くなりすぎた・・・
本題は昨日、私がしゃべっている時に擬態語擬音語を
多用しすぎるといって、笑われた話がしたかったのだ。
自覚は全然ないのだけど、改めて思い返してみると
そういうフシがあるかもしれない。

関西人のおばちゃんは、異様に擬態語を連発し
なんとなれば擬態語だけでコミュニケーションを
成立させてしまう、らしい。
確かに「一切擬態語擬音語を使わずにしゃべってみろ」
と言われたら、困るだろうな。
ジェスチャーを封じられたら無口になるフランス人と
基本的には同じ構造なのだろう。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-03 08:39 | 徒然 | Comments(0)

今日の運勢

朝のテレビでやってる今日の運勢コーナーが嫌いで
仕方なく「朝ズバッ」を見ているが、今日は
ちょっとした手違いで「目覚ましテレビ」の占いを
見てしまった。
ところが、今日のいて座の運勢はなんと第1位!
好きな人を食事に誘うと吉らしい。

今日は、お昼ご飯も約束があり
退勤後は飲み会が2件も入っている。
色っぽい事件が起こるのか?
(多分、起こらない)


hana1.JPG
昨日いただいた花です。
すごいゴージャス。
蕾もあって、しばらくは
堪能できそうです。


hana2.JPG
こちらはフラッシュ付きで撮影したもの
同じ花でも全然、雰囲気が変わります。
ちょっとギラギラした感じになります。
私は基本的にフラッシュ無しの
写真のボンヤリ感が好きです。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-02 07:32 | 徒然 | Comments(2)

ブログの女王

昨日テレビを見ていたら眞鍋かをりのブログは
アクセスが1日に20万もあるのだという。
私自身は1度も読んだことはないのだけど、
同じくブログを書いている者として、敬意を払わざるを得ない。
いやいや、スゴイ!あっぱれ!


tarunama.JPG

昨日いただいたモノのうち
最大の目玉商品!
「自宅で生ビール」セット。
一人で飲むのは、もったいない感じ。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-06-02 07:09 | 徒然 | Comments(0)

胸キュン

徒歩通勤の帰宅道では、中学校の体育館の前を通る時
「キュッキュッ」という音が聞こえます。
バスケなどをやってる人たちの体育館シューズが出す音です。
この音を聞くと、どうにも胸がキュンとしてしまう。
絶対に帰ることの出来ない若かりし日に対する憧れかな?

会社の図書室の窓からは、この中学のグランドが見える。
野球やら軟式テニスをしてる中学生達を見てると
羨ましいような哀れなような愛しいような
なんとも形容しがたい感情が涌いてくる。

あの子達から見たら、私なんかすごいオバハンだけど
精神年齢は全然、実年齢に追いつかない。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-05-31 21:18 | 徒然 | Comments(1)

いろんな人がおるなぁ

今日は会社でちょっとしたすったもんだがあった。
私は直接的には係わり合いがなかったのだけど
傍で一部始終を見ていた。
片ッぽがあまりに非常識で唖然とするほどだった。
でも、世の中ってまっとうな者が必ずしも
認められるとは限らない。
非常識なのに振り回されるのは、全くとばっちりで
不運としか言いようがないのだけど
正攻法ではなかなか上手く行かないので
全く人間関係というのは難しいものだなあ、と改めて思った。
願わくば、自分以上に非常識な人間とは
お近づきにならずに生きて行きたい。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-05-30 23:49 | 徒然 | Comments(0)