カテゴリ:英国( 45 )

ホテルの朝ごはん

ロンドン滞在中はずっと同じホテルだったので
同じブレックファーストを4回食べたのですが
これが、実に素晴しいものでした。
バイキング形式で好きなものをモリモリ食べました。

まず、日本でも毎朝食べている「シリアル」はナッツやシード類も充実。
パンは5,6種類にマフィンもあり、瓶詰めジャムやバターもグー!
フレッシュジュース各種にコーヒー紅茶。
無糖ヨーグルトに多彩なフルーツ群。
大きくカットされたチーズ2種類。
タマゴ料理は目玉焼きとスクランブルエッグ。
ハムとベーコンとウィンナが2種類。
生のトマトと煮トマト、マッシュルーム炒め。
マッシュポテトのフライ、豆。
その他、私は怖くて手をつけなかったのだけど
イギリス伝統料理の「プディング」(おやつのプリンとは違います)など
それはもうバラエティが豊富で、しかもどれも美味しいのです。
イギリスのメシは不味いなんて誰が言ったのかしら?

「朝は銀シャリと味噌汁やないとアカンのや!」という方でなければ
満足できる良い朝ごはんだったと思います。
残念ながら写真はありません。

仕方が無いことだけど、不満があるとすれば
同じホテルに日本人の団体約100人が宿泊してて
朝のレストランは右見ても左見ても日本人ばっかり。
聞こえてくるのは関西弁。京都から来た学生とのこと。
異国情緒なんか全くありはしないのです。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-12 07:40 | 英国 | Comments(0)

赤いバスとポスト

ロンドンといえば二階建ての赤バス!
3,4回利用しましたが、毎回二階部に座りました。
テンションの上がる楽しさ!
地下鉄のパスと共通で使え、本数も多くて便利です。

akabus.JPG車内放送がないので難しい
との前情報がありましたが
割と手こずらずに利用できました。
レ・ミゼラブルの広告が印刷されてます。
車体には大抵何かの広告がついてました。
ライオンキングバージョンも見ました!


nagabus.JPGこちらは横に2本つなげたバス。
すっごく長いです。
こっちには乗る機会がありませんでしたが
たくさん見かけました。
二階建てでも横つなげでもない
普通のバスもありましたよ。


akapost.JPG郵便ポスト!
日本では減りつつある
懐かしのスタイル!
もともと日本のポストも
イギリスのものを
お手本にしたのかもしれない。
最近は四角いのが主流になったけど
円筒形の方が
味わい深いですよね〜
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-11 07:55 | 英国 | Comments(3)

寄りそう二匹


2usagi.JPGロンドン動物園のふれあい広場で
寄り添うウサギちゃん
ピーターラビットを生んだ国だから
きっとウサちゃんも人気があるのでしょう
でも、じっくり見ると
耳の垂れた、このシロウサギの顔
苦悩する哲学者みたい・・・

dakiguma.JPGこちらはハイドパークの手洗い場
抱き合うクマ。妙にリアルでエロティック?
プーさんやパディントンベアを生んだ国だから
クマちゃんは人気があるのでしょう。
同公園内には有名な「ピーターパン像」
もあったのですが、このクマの方が
私にはインパクトがありました。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-10 13:08 | 英国 | Comments(0)

イギリスNO.1ルー!


loo.JPG2003年のルーコンテストで
受賞したことを示す賞状です!
朝は無料、昼は有料になる
鉄道ビクトリア駅構内のトイレです。
個室が沢山あってキレイに掃除されてて
中にシャワールームまでありましたが
賞を貰うほどではないと思いました。

イギリスは様々なコンテストを楽しむ国民性のようです。
オプションで訪れた「カッスルクーム」という村は
毎年「美しい街並みコンテスト」で上位に入賞するらしい。
その他にも牧羊犬のコンテストとかね・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-10 11:40 | 英国 | Comments(0)

ホームズだらけ!

ロンドンの地下鉄にも環状線があります。
その名も「サークルライン」!そのまんま!!
大阪ならJR環状線。東京なら山手線。韓国の地下鉄なら2号線。
そのサークルライン、一周するのにどのくらい時間がかかるか
ロンドン到着初日に、実証調査しました。ジャスト1時間でした。
地下鉄なので外の風景は楽しめませんが、色んな人種の乗客を見て
チューブの雰囲気を大いに味わいました。

bakerstation.JPG環状線のベーカーストリート駅。
プラットホームの駅名看板です。
駅名の下にホームズの登場する作品の
色んな名場面が描かれています。
これは「赤毛同盟」の一場面です。
私がストーリーをはっきり記憶している
珍しい作品の一つです。

bakertel.JPG
駅構内の公衆電話
バックのタイルにも小さなホームズが!!
とにかく駅の中には大小さまざまの
ホームズがこれでもか!と描きこまれてる。
大喜びで写真を撮りまくりました。

holmesmuseum.JPG駅から出て少し歩くと
「ホームズミュージアム」があります。
時間がなくて中には入れませんでしたが、
カメラを向けてパシャパシャやってると
入り口に立ってたシャーロックホームズの
コスチュームを着たイケメン英国紳士が
微笑みかけてくれました。
ここは小説中のホームズの住所と同じ番地。

ベーカー街は大きくて立派な通りでした。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-09 10:24 | 英国 | Comments(2)

青ヤッケの少年


aoboya2.JPG
バッキンガム宮殿で
見かけた
マコーレカルキン似の
絵になる男の子。
大人たちが
衛兵に釘付けの時
ひとり
制止用ロープを
くわえて遊ぶ。
ムービーに撮って
おきたかった位
良い絵でした。
英国で撮った写真は
案の定というべきか
被写体の多くは
動物系だったけど
なんだかんだで
一番面白いのは
人間なのよね〜
この少年には
同じ衣装の弟が
右隣隣に!
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-09 09:17 | 英国 | Comments(0)

ライオンキング


lionking.JPGがみちゃんにチケット予約をしてもらって
こちらの劇場でライオンキングを見ました。
大小のシアターが密集する地域です。
ライオン顔の看板、街でちょくちょく目にしました。
日本に戻って、サラ金の「プロミス」の看板が
ライオンキングに見えるようになりました。

ミュージカルは鮮やかでエネルギッシュ。シャーマンのような格好をした
恰幅のよい女の人がすごく歌が上手で、心地よかった。
言葉がちっとも分からないので、ハイエナ3人組とか
新天地でのイノシシたちの掛け合い漫才みたいなコミカルな部分が
ちっとも理解できず「もったいない」と思いました。
周りで大爆笑が起こったりすると、ちょっと悲しい。
まぁ、仕草だけでも随分可笑しかったのだけどね。
子供もたくさん見るミュージカルなので、いろいろと
サービス精神に溢れる楽しい舞台でしたよ。

かなりの大音響だったにもかかわらず、ミュージカル前に飲んだ
パブでのビールのせいで、2回くらい、睡魔に負けてしまった・・
小休憩が終わった後はスッキリバッチリでした。

その小休憩時間には観客席にアイスクリーム売りが入ってきて
みんなそれを買って食べるのが、劇場での楽しみ方らしい。
そういえば、コッツウォルドに行くバスの運転手さんも
「どこどこのアイスクリームがオススメだよ」とキュートに話してた。
イギリス人はアイスクリームが好きなんだなぁ・・と思った。

しかし、平日だというのに大きな劇場は1階席から3階席まで満員でした。
私たちのすぐ後ろには、おめかししてよそ行きドレスを着た
可愛らしい小さなレディの姉妹がいました。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-08 07:26 | 英国 | Comments(0)

パディントン


paddingtonLW.JPG地図を見ると宿泊ホテルの近所に
クマで有名なパディントン駅があった。
何か楽しいモニュメントがあるかも!と
ミーハー気分で散歩をかねて訪れました。
こちらは鉄道の駅舎上部です。
他の建物が立派な割りにチャチめ・・


PadStaTrain.JPG駅構内に入ってみました。
長距離鉄道の駅に特有の旅オーラがあった。
韓国ではソウル駅や永登浦駅などで
これと同じような雰囲気を感じたものです。
日本では旅をしないのでよく分かりませんが
上野駅などはやっぱり旅オーラが出てるのかな?


paddingtonUG.JPGこちらは地下鉄のパディントン駅。
やっぱり日常と生活感が出てます。
全般的にパディントン駅は大きくて
色んなショップがあったけど
クマ関連の「何か」は見つけられなかった。
よく探せば銅像の一つくらいは
あったんじゃないかと思いますが・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-07 07:59 | 英国 | Comments(2)

ロンドンダンジョン


dungeon.JPG
蝋人形のあるお化け屋敷のようなものかな?
切り裂きジャックの話などを扱ってるようです。
ガイドブックにもロンドンの地図にも載ってるから
有名なのでしょう。中に入ってみたかったけど
時間がなくて、観光バスの中から入口だけ見ました。

渋滞のせいでバスはここでピクリとも動かなくなった。
そしたら、行列を作って待っていた遠足中らしい
学生達が(写真左下部の団体)私たちに向かって
手を振ったり、歌を歌ったり、踊ったりとパフォーマンスを繰り広げてくれて
面白かった。陽気な子供達でした。

お化け屋敷といえば・・・・
イギリス滞在中に最も恐ろしい思いをしたのは
ロンドン動物園内にある水族館に入った時のことでした。
冬季の平日の午前中に高いお金を払って動物園に行こうという
物好きはいないのか、まるでヒトケが無かった。

zooaqua.JPG屋外にいる時は空いてて結構!と思えるけど
水族館の中は照明が極度に暗く
足元も見えない程で人間は誰もいなくて
しかも不必要にだだっ広くて、静かで
「今ここで殺されても2,3日位発見されないかも」
などと、怖い妄想に襲われました。

多分、ロンドンダンジョンに行ったとしても、ここで味わった以上の
恐怖は無いに違いない!と断言できます。
しかも珍しい魚や見てて面白い様な魚が全然いないのです。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-06 22:49 | 英国 | Comments(0)

ロンドン橋はショボイ


towerbridge.JPG













 ↑ ↑ ↑
これをロンドン橋と思ってる人が多いらしいけど、本当はタワーブリッジという橋。
お城のようなゴージャスなつくりの跳ね橋で今でも橋の上げ下ろしがされてます。
すごく絵になります。歩いて渡りました。近くのロンドン塔とセットで観光名所です。


londonbridge.JPG













 ↑ ↑ ↑
こちらが正真正銘のロンドン橋。
夜、赤一色だけでライトアップされてて妙に安っぽく、パッとしない橋です。
この橋は観光バスで渡りました。その際、ガイドのイヤフォンからは
例の「ロンドンブリッジフォーリンダーン」の歌が流れました。
ちょっと愉快だった。
[PR]

by kokuzo89 | 2006-12-06 07:53 | 英国 | Comments(0)