冬の星座

今朝は4時半頃に起床しました。もちろん、昨夜寝るのが早かったのです。
夏だと、この時間もう、外は明るいのですが、今の時期は真っ暗。
ふっと外を見ると、視界にオリオン座が入って来ました。冬の星座キタ~~!!
a0150848_51117.jpg
早速カメラ(ペンタ君)を持ち出して撮影を始めてみました。
けっこう何枚も撮りましたが、暗いため、ブレまくり写真が大量生産され
コチラの写真がベストショット・・・三脚使えばいいのに、絶対使いません。
三脚を出してセッティングするのが面倒くさいというのが最大の理由ですが
手をプルプルさせながら、ダメダメ写真ばかりの中、たまに少しマシなモノが撮れると
メチャクチャ嬉しい→「機材に頼らないアタシ」というのも乙なのです。

思えば、星を撮影したのは、デジカメ生活初の事です。

さて、冬の星座という歌を昔、音楽の時間に習いました。
今でも歌詞やメロディを覚えているくらいで、けっこう、好きな歌だったのかも。
オリオン座を見かけると、つい、コレの鼻歌が出てしまいます。

何でもネット検索が出来るのは便利な事で、早速、「冬の星座」を調べると
この歌はもともとアメリカのラブソングで、堀内さんという方が星の歌詞を付けて
1947年から、音楽の教科書に登場したが、今はもう載っていないとか・・・

やや古い唱歌は歌詞が少し昔っぽく、意味が分からないなりになんかカッチョイイ。
「冬の星座」でも「さゆる空」とか「くすしき光」とか「ものみないこえるしじまの中」とか
なんか格調高い感じがしてしまいます。
作詞をした堀内さんという人は、あの「浅田飴」の創業者の息子さんだそうで
マサチューセッツ工科大学で修士号を取ったり、鉄道オタクだったりと
音楽以外でも多彩な才覚のあった人のようです。

キャンプファイヤーで絶対に歌った「遠き山に日は落ちて」も堀内さんの作詞だって!
原曲はドボルザークとのこと。最後の「ま~どい~せん~♪」は未だに意味が分からない。
分からなくったって、エエ歌である。

さらにネット情報ですが、冬の星座の代名詞であるオリオン座は
実は8月中旬から観測できるそうです・・・・
普段、昼夜関わらず、さほど空に関心が薄いので
「ウホ~!冬を先取り!!」と、テンション上がったけど
もう2ヶ月以上前から、ご登場されていたんですな。。。とほほ。

ちなみに現在5時半を回りましたが、まだ空は暗く、星が見えます。
オリオン座は場所を移動したため、kokuzo宅ベランダから見える
狭い範囲の空からは、完全に撤退してしまいました。
[PR]

by kokuzo89 | 2013-10-30 05:37 | 観察 | Comments(4)

全て同じカメラ同じ被写体同じ設定

デジカメを使うようになってカレコレ10年にならんとします。
学習意欲(向上心)の無さのタマモノで、技術も知識も10年前と殆ど変わりがありません。

で、今日は中秋の名月。素敵な満月を撮るべく、ペンタ君でチャレンジ!

驚くほど多彩な表情(!?)を見せる月。
さらに驚くべきは、タイトル通り、全て同じカメラ同じ被写体同じ設定で撮影したのです。
ズームだけは変えたけど・・・・一体、何の匙加減でこんな事になるのか??
a0150848_22305440.jpg
a0150848_2231658.jpg
a0150848_22312297.jpg
a0150848_22315473.jpg
a0150848_22321077.jpg
a0150848_22321968.jpg
肉眼で見るのと一番近い感じに撮れたのが3番目の。
クレーター感は皆無。しかし、ある意味、最もボコボコ感があるのは下から2番目かな。

ちなみに・・・・過去のトライをリンクしてみます~。

2009年 中秋の名月 (先代のコンデジ アドバイス前)
2009年 中秋の名月の翌日の月 (先代のコンデジ アドバイス後)
2010年 中秋の名月 (ペンタ君 1年目)


ペンタ君での出来は2010年とは比較にならん!!
アタシのカメラも少しは進歩したのだろうか???
[PR]

by kokuzo89 | 2013-09-19 22:32 | 観察 | Comments(0)

結局、ニンゲンの赤ちゃんが一番!?

上野動物園は平日という事で有難い事にお客は少なめでした。
赤ちゃん連れが多くて、私は動物と共に、人間の赤ちゃんも堪能しました。
好みのタイプを見つけては盗撮!!しちゃいました。

自分が乗るはずの乳母車をお母さんと一緒にエッチラオッチラ押してます。
a0150848_7432711.jpg
きっと歩きたくてしょうがないんでしょうね~

お父さんに肩車をして貰って、のけぞってケラケラ笑ってました。
a0150848_7444397.jpg
お父さんの頭を太鼓みたいにポコポコ叩いて大はしゃぎ!

総じて、髪の薄い子がタイプのようです。顔の作りも薄味で・・・

最後にもう一人、動物園で異彩を放っていた異国のお坊さん
a0150848_7474294.jpg
独りで熱心に色んな動物を眺めてました。足が細い!
[PR]

by kokuzo89 | 2010-10-14 07:48 | 観察 | Comments(2)

ベイビー in 水族館

動物園や水族館に行くと、必ず赤ん坊を連れたパパママがいます。
そして、一生懸命に赤ちゃんに動物やお魚を見せるのだけど
正直言って、親の自己満足で赤ちゃんが楽しんでいるとは思えませんでした。
でも、今回、けっこう喜んでいる姿を見ました。

こちらは、イルカの練習ジャンプをガン見している赤ちゃんです。
a0150848_7464813.jpg
足をバタバタさせて大興奮で覗き込んでいました。抱えるパパもエエ感じ。

こちらは、サンゴ礁の綺麗な水槽に見入る赤ちゃん。
a0150848_7511690.jpg
おばあちゃんと一緒ですね。横で水槽を凝視しているおばさんもスゴイ迫力。
[PR]

by kokuzo89 | 2010-06-09 07:54 | 観察 | Comments(0)

ダダこねてます

土曜日の野毛山動物園は親子連れがたくさんいまして
その他にも何やら保育園の親子遠足なるものが開催されてたりして
それはもう目眩がするほど人口密度が高かったのであります。

小さな子供の中には、絵に描いたように、地べたに転がって
バタバタやって、駄々をこねるのがチョクチョクいました。
傍から見てると割と面白い見世物です。

こちらの子は、あまりバタバタはしてませんでしたが確実に駄々こねです。
a0150848_23404098.jpg
すぐ近くに父親らしき人がいたのですが
怒るでもなく、あやすでもなく、ただボンヤリと我が娘を眺めてました。
私が親でも同じようにするかもなって、ちょっと思いました。
[PR]

by kokuzo89 | 2010-05-18 23:46 | 観察 | Comments(1)

海の男たち

大海原を見据える、仁王立ちの男前ジイさん。ヨット乗りです。
a0150848_83456100.jpg
須磨の海では、たくさんのヨットが浮かんでいました。
どういう訳かココのヨット乗りたちは平均年齢層が異常に高く
ジイさんやオバハン(さすがにバアさんはいなかった)ばかりなのです。
ヨットは金の掛る遊びで、ある程度の年にならないと始められないのかな?
若いヨット乗りは、もっとスリリングな波の立つ、どこか別の海に結集してるのかな??
とか、イロイロ考えてしまう程でした。

さて、続きまして体操座りの独りぼっちです。
a0150848_838289.jpg
カップルや学生の集団、ファミリーとは対照的に
全身からタソガレオーラをバンバン噴出させています!!!
かくいうアタシも同じようなもんで、非常に親近感を覚えます。

彼らは何を思っているのでしょうね???
上のオジサマは定年退職して、奥様から「掃除するから外に行ってて」と
家から追い出されたのでしょうか???

下の青年は、かつてここでデートした元カノとの想い出に浸っているのでしょうか?
日本の政治を憂いて「どげんかせんといかん」と決意を新たにしているのでしょうか??
はたまた漠然と「オレの将来、どうなるんやろ??」と不安に襲われているのか???

海の男たちに幸あれ!!

最後に、羽ばたく鳩を上手に写せたので掲載します・・・
a0150848_8485418.jpg

[PR]

by kokuzo89 | 2010-05-15 08:52 | 観察 | Comments(0)

父と子

困ったもので、見ず知らずの人を盗撮するのが趣味になってしまった。

須磨海岸にて、ウンコ座りで砂遊び。
a0150848_1515418.jpg
奥の二人は別れ話中のカップル?泣いてるの?

イルカライブ館にて、不機嫌な赤ちゃんを健気にあやす。
a0150848_15162449.jpg
イルカなんか見ちゃいねぇ。

パパの方は共に小粋な帽子をかぶっています。お洒落!
実際の所、父子かどうかは分らないのだけれど・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2010-05-08 15:22 | 観察 | Comments(4)

ミクロの世界

がみちゃん宅にお泊りに行った時・・・
エビとメダカの水槽でたくさん写真を撮りました。

でも撮ったのは・・・・・

エビの水槽に貼り付いて、黙々と藻(?)を食ってる微小生物→(タニシの幼生か?)
a0150848_1236056.jpg

やはりエビの水槽に生息する、割と活動的な微小生物→(エビの幼生か?)
a0150848_1237861.jpg

どちらも肉眼では、白い点にしか見えません。デジタル顕微鏡、万歳!!!

最後にメダカの赤ちゃんを。こちらはさすがに肉眼でもそれと分るサイズでした。
a0150848_12383949.jpg

がみちゃんによると、エビは肉食のものと草食のものがいるそうで
草食のエビはメダカと一緒の水槽で飼っていました。
肉食のエビは環境の変化に弱いみたいでした。
見た目は似たようなエビなのに、食性が違うんだね。

小さいエビは、もともと観賞用と言うより、他の生き物のエサ用に売られており
相当安いそうです。
[PR]

by kokuzo89 | 2010-05-08 12:47 | 観察 | Comments(0)

可愛いバス停

大船からのバスにて。なんてキュートなバス停の名前!!と感激。a0150848_21375736.jpg






でも、実は「こぶた」ではなく「こぶたやま(小蓋山)」なのでした。
[PR]

by kokuzo89 | 2010-04-25 21:40 | 観察 | Comments(0)

微笑ましい

小さな子供に負けず劣らず好きなのが、仲睦まじい老夫婦。
満開の桜をバックに携帯で愛妻を激写する男。ステキ!a0150848_1212432.jpg

満開の桜をバックに天守閣を見上げる花粉症のナイスガイ。渋い!
a0150848_12133950.jpg

満開の桜の下でお昼寝するオッチャン。贅沢!
a0150848_1215271.jpg

満開の桜の下でボートを漕ぐ家族。特にコメントなし!
a0150848_12155873.jpg

しかし、ボートというのは恋する男女が乗るものと思い込んでいましたが
ほぼ100%子供連れの家族でした。
いまどきの恋する男女は何に乗るのだろうか??
[PR]

by kokuzo89 | 2010-04-11 12:25 | 観察 | Comments(2)