小さな子どもたち

とにかく男の子というのは走り回る生き物らしい。
a0150848_11541086.jpg

やはり、走り回っていた彼。危なっかしいなぁと思ってたら、やっぱりコケました。
a0150848_1156590.jpg

女の子は違います。手のひらで砂の感触を味わい、ご満悦。
a0150848_1157124.jpg

帽子がデカすぎて前が全然見えなくなり、立ち往生の彼女。
a0150848_1159240.jpg

歩いたり走ったりが不安定で見ていてハラハラする位のサイズが私の好みのようです。
多分まだ、大人の顔色をうかがう知恵がなく、やりたい放題奔放に振舞っても許される。
そして、ひたむきで全力な感じが、とてもイイと思う。
[PR]

by kokuzo89 | 2010-04-11 12:09 | 観察 | Comments(1)

おでんブースと人人人

小田原おでんサミットの写真をじっくり見てると、いろんな人間模様が・・・
a0150848_1132465.jpg
不安げに天を仰ぐ女人、遠くからカメラ目線な兄ちゃん、子供を抱える母ちゃん
ちょび髭のオッチャン、肩車の少女、そして・・おでんを食べる人々・・

a0150848_11362311.jpg
出たー!!妖怪メガネたこ坊主!!
そして、画面左下には恨めしげな女性の霊が写っているのが見受けられます。

a0150848_11392517.jpga0150848_11394540.jpg
(左)さて、この三人の関係は??   (右)哀愁たっぷりのベビーカー
[PR]

by kokuzo89 | 2010-04-11 11:47 | 観察 | Comments(0)

カメラマンたち

蓮を撮影するために不忍池に集まった人々の殆どが大きなカメラを操ってました。
ケータイカメラでパシャっとやる人もポツポツ。
私のように小っこいデジカメ派は意外に(?)少ないのでした。

kammnsu.jpg












sateisu.jpg









ipokru.jpg














前回、チューリップを見に昭和記念公園に行った時は
あまりのカメラマンの多さにビックリしましたが
今日は時間も早く、上野公園の不忍池は広大だったので
ゆったりと写真が撮れました。とても清々しい気分でした。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-07-20 13:28 | 観察 | Comments(0)

鶴見川ドブさらい

大きな船が鶴見川の川底に溜まった土砂(ヘドロ?)の除去作業をしている。
tsugomf1.jpg
この作業は
私の知る限り
今年の年初から
始まってて、
場所を移動しつつ
続けられ、
今は私の家の近くで
実施中です。





tsugomka.jpg


説明の看板です。
朝早くから
作業が行われてて
私が徒歩通勤する頃には
ばっちり稼働してます。
川にクレーンが突っ込んで
真っ黒くオドロオドロシイ
大量の泥を掬い上げる
こんな大きな川の
途轍もなく広い川底の泥
考えただけで呆然。
壮大なドブさらいです。
見てると結構楽しい。





違う角度から撮ってみました。
tsugomf2.jpg










掬った泥はどこかに運ばれて行きますが、何か有効に活用できるんやろか?


日本有数のキチャナイ川、鶴見川が、こういう作業でもって
少しでも美しくなり、鯉たちにとって住みやすく
近隣住民である私たちに悪臭を振り撒かないようになれば有難いことです。

でも、作業の説明書きを読むと、川の浄化というよりも
川底に土砂が溜まることにより、水面が高くなり
洪水の危険性が高まることを予防する事が本来の目的だそうです。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-06-13 16:14 | 観察 | Comments(0)

人間模様 in 三ッ池公園

三ッ池公園の花見客は先週ほどではないものの、相当多く
またもや、色んな人々を眺めてきました。

ダントツにテンションが高く、マヌケオーラを撒き散らしていた団体
akasat3.jpg













三人の赤ちゃんとそれぞれのパパさんとママさん。
あまりにも赤ちゃんのサイズが同じ位なので
これはきっと産婦人科で知り合ったママ友だろうと勝手に推理。
こうして見ると、デジカメで写真を撮るのはママの役目で
パパは主に赤ちゃんを笑わせる役をあてがわれるものらしい。幸せそうです。

続きまして

基本的に幸せな人々が集う三ッ池公園に於いて、
強力なまでに悲しい空気を放っていたのがアコーディオンおじさん
acoajo12.jpg













アコーディオンの音色は人を物悲しい気持ちにさせます。
弾いてるのが小学生ではなく幸薄そうなおじさんだと尚更。
あまりの場違いさ加減に慄き、さすがに間近にいる時にはカメラを向けられず
はるか遠くに離れてから、めっちゃズームして撮りました。

そこまでして写さなアカンもんでもないのにね・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2009-04-12 16:46 | 観察 | Comments(0)

土曜日の朝マックなオヤジども

会社でマクドナルドのクーポンをたくさんもらった。
で、今日は美容院前に朝マックをしてきました。
9時15分頃の2階席は一人ぼっちのオヤジ達の巣窟と化していました。
空気が淀んでいる。活気が全く感じられない。
土曜の朝の鶴見のマクドナルドって、そういう場所でした。
ものすごく強力な不幸オーラに包まれておりました。

私はマックグリドルのセットを食べました。
バンズが甘いとは聞いていたけれども予想外の種類の甘さだった。
韓国のジャンクフード「ホットク」にちょっと似ていた。
不味くはないけど、普通のバンズの方が良いと思います。
[PR]

by kokuzo89 | 2007-08-11 23:31 | 観察 | Comments(0)

逗子海岸に集う人々


kuroyaji.JPGとびきりの存在感を持つ
ビキニパンツのオッサン。
肌が黒光りしておりました。
おそらくご近所の人なんだろうなぁ。
逗子海岸には、一目で地元民と分かる
海水浴客が随所に目に付きました。

debuviki.JPGビキニを着るのは私の自由よ!
とばかり、巨体に紐のビキニを食い込ませる
彼女のお陰で大いに勇気付けられました。
だいたい、巨漢女はワンピース水着でしたが
時々、こういった勇敢な姿も見かけました。

ebimayouki.JPG何年か前までピザのCMで
よく目にした「エビマヨ」ダンス。
その着ぐるみをモチーフにした浮き輪を
ちょくちょく目撃しましたが
こちらのお父さんは見事に乗りこなしてた。
それにしてもうら悲しい絵だなぁ・・・

biskajiji.JPGハイビスカス柄の海パンを履いた
ヨボヨボのおじいさん。
ご家族総出で遊びに来ていたみたい。
しかし、こんな年になってまで海に来て
海パンを履いて水に浸かるなんて
考えてみたら、アッパレなことです。

debusen.JPG昭和風のレトロな海の家を占拠する
ムッチリ小太りの男たちの大集団。
みんな見事に同じ体格。これは・・・
ハニカミながら、お互いに日焼け止めだか
日焼けオイルを塗りあいっこしてました。
異様な空気を醸し出しておりました。
[PR]

by kokuzo89 | 2007-08-05 23:02 | 観察 | Comments(2)

逗子海岸に集う人々


kuroyaji.JPGとびきりの存在感を持つ
ビキニパンツのオッサン。
肌が黒光りしておりました。
おそらくご近所の人なんだろうなぁ。
逗子海岸には、一目で地元民と分かる
海水浴客が随所に目に付きました。

debuviki.JPGビキニを着るのは私の自由よ!
とばかり、巨体に紐のビキニを食い込ませる
彼女のお陰で大いに勇気付けられました。
だいたい、巨漢女はワンピース水着でしたが
時々、こういった勇敢な姿も見かけました。

ebimayouki.JPG何年か前までピザのCMで
よく目にした「エビマヨ」ダンス。
その着ぐるみをモチーフにした浮き輪を
ちょくちょく目撃しましたが
こちらのお父さんは見事に乗りこなしてた。
それにしてもうら悲しい絵だなぁ・・・

biskajiji.JPGハイビスカス柄の海パンを履いた
ヨボヨボのおじいさん。
ご家族総出で遊びに来ていたみたい。
しかし、こんな年になってまで海に来て
海パンを履いて水に浸かるなんて
考えてみたら、アッパレなことです。

debusen.JPG昭和風のレトロな海の家を占拠する
ムッチリ小太りの男たちの大集団。
みんな見事に同じ体格。これは・・・
ハニカミながら、お互いに日焼け止めだか
日焼けオイルを塗りあいっこしてました。
異様な空気を醸し出しておりました。
[PR]

by kokuzo89 | 2007-08-05 23:02 | 観察 | Comments(2)

大磯の花火

ここ数年、花火といえば鶴見川の花火以外はご無沙汰でしたが
昨日は大磯の花火大会を見物しました。
花火までの待ち時間にはプチコンサートをやってて
郷愁を誘う懐メロをやってまして、なかなか盛況でした。

tsuuton.JPG花火の打上げ数は約1000発ということで
規模は鶴見川と同程度らしい
実際、15分程度であっさり終わりました。
もうちょい見たかったなぁと思わせる量。
カエルデジカメの花火モードで撮影!
こちらは赤と緑のツートンカラー。

midoboshi.JPG駐車場がベストスポットのようですが
あまりにも人が多い上に地べたが固いので
私は砂浜に寝転がって見物しました。
正解でした。本当に最高の気分。
こちらは緑のパチパチの中から
黄色がシュルーンと出てくるタイプ。

akahaat.JPG大磯の砂はきめ細かくて
裸足の足の裏にとっても優しい。
駐車場側の会場ではトイレに長蛇の列が
出来て、人ごみウジャウジャだったけど
砂浜側は人もまばらでトイレもガラガラ。
ハートの花火がきれいに撮れました。

kirabo.JPGある意味、一番華やかだったのは
駐車場の屋台で売られていた
こちらのキラキラ棒かもしれない。
小さな子供が群がってまして
結構な勢いで売れておりました。
でも一番人気の屋台はビールでした。

nigiie.JPG夕刻にはガラガラだった海の家も
さすがに花火の日の夜は盛況。
生ビールが飛ぶように売れてました。
例のメイドちゃん達
テキパキと働いておりました。
めでたしめでたし。

sabiie.JPG参考資料です。
夕刻の寂しい海の家。
テーブルは9割がた空席。
こんなんで経営は成り立つのか?
と、本当に心配です。
[PR]

by kokuzo89 | 2007-07-29 19:48 | 観察 | Comments(0)

大磯の海水浴客 2人以下編


acchi.JPG♪二人の為に世界はあるの〜的アベック
時間とともに徐々に密着度がアップ
濃厚なボデータッチが展開されてました
電車の中でイチャつくカップルは許せんけど
海水浴場ではドンドンやっていただきたい
と思っています。ガンバレ!

jijiwan.JPGお散歩中のジジとワンコです。
私の地元、須磨の砂浜では犬の散歩が
多く見られますが、大磯では彼らのみ。
風景にしっくり馴染んでおりました。
後ろに写っている若いカップルは
次の写真でも登場しております。

medokap.JPGありゃ?海辺にメイドがいる!?
と嬉しくなってカメラを向けたところ
先程のカップルがまたもやフレームに乱入
今度は前面にドーンとレイアウトされちゃった
結果的に、かなりおバカな良い写真になりました。
ちなみにメイドは海の家の店員でした。


うら寂しい大磯海水浴場でもピカイチに寂しいのが、私kokuzoでしょう。
気合十分の勝負ビキニを着た「お一人様」!
ちゃんと海にきた証拠を残すべく写真を撮りました。
kokinois.JPG他の海水浴客にシャッターを押してもらおうと
考えてたのだけれど、あまりにも悲しすぎて
頼むことが出来なかった。
で、仕方がないから、砂山を作って
その上にカエルデジカメをセットし
セルフタイマーで撮影しました。
これも寂しさ120%の涙モノでしたが
周りに人が殆どいなかったのが不幸中の幸い。
[PR]

by kokuzo89 | 2007-07-29 13:44 | 観察 | Comments(0)