「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:韓国( 29 )

韓国アニメ

先週末に中崎町という所に、韓国のインディーズアニメを見に行って来ました。
会場は雑居ビルというより、アパートみたいな古い3階建ての怪しげな建物。
上映会場は小さいスクリーンに椅子が24席分。その椅子が種類もサイズもてんでバラバラ。
けっこう立派なホームページが立ちあげられてて、上等なチラシも作られてるのに
こんだけしか集客予定がないのか!!とビックリ。

テーマにそって80分程度にまとめられたものが1日あたり3パートありまして
土曜日の最初の回は、なんと観客6人だけ!ヒエ~~~~
第2部は10人に増え、第3部では12人になりました。
24席で足りるんかいな??と思っていたけど、全然足りました。
日曜日は第1部から盛況で24の椅子がほぼ埋まってました。
第2部には、パイプ椅子の補助席まで登場して、30名ほどが観覧。
ちょっと安心しました。

短編アニメは短いモノは1分ほど、長くても15分程度。全部で28編。
カンヌ映画祭に招待されたという長編アニメが1編。
怒涛のようにたくさん見ました。腰が痛くなりました。

映像学科の学生からプロまで、しかし、どれも若い世代の作品で
興味深く見ましたが、全体的に暗いトーンのモノが多くて
韓国社会も人々の心の中に閉塞感が大きくなってるなぁと思った。

社会問題を取り扱ったモノも結構あって、一番印象に残ったのは
脱北者の青年の話でした。明るい話ではもちろんなかったけど
随所に韓国らしいジョークもあって、ほぼ唯一の笑える作品でした。

毎年やってるようなので、来年も忘れてなければ見に行きたいなと思いました。

写真は卓球仲間のKさんの帰省お土産で頂いた海苔です!
a0150848_79960.jpg
Kさんは淡路島のご出身ですが、海苔の製造者みたら徳島の会社だった!
ガビ~~ン!
ともあれ、有難うございました♪
[PR]
by kokuzo89 | 2013-05-14 07:11 | 韓国 | Comments(2)

釜山アクアリウム その3

何と言うことのない水族館の話題がやたら長くてスミマセン。
一人だった事もあり、カメラには水族館の写真ばかりが大量に収められてまして・・・

釜山アクアリウムではイルカやアシカのショーといった華麗なのはやってなくて
ペンギンのエサやりとサメのエサやりというたった二つのイベントしかありません。
私に言わせれば「チンケやなぁ」ってなもんですが、どちらもなかなか盛況でありました。

こちらは最も力を入れているサメのエサやりショーの場面。
a0150848_1002677.jpg
水族館職員がダイビングスーツを着て大型水槽に潜り、直接サメにエサをやります。
これはなかなかに迫力のあるシーンで、ボディコンスーツ(死語?)で解説をするお姉ちゃんも
興奮度満点のアナウンスでショーを盛り上げておりました。

ただ、サメは警戒心が強いのか、なかなか職員の手からエサを食べようとしません。
一方、やたらと人懐っこい、巨大なエイがワラワラと寄って来ては、サメ用のエサをおねだりしてました。

こちらは、ピンク色のコブダイです。珍しくもなんともないのですが、自分でも賞賛したくなるほどに
鮮明に撮れたので、掲載させて頂きます。
a0150848_1063861.jpg
泳いでいる魚をブレずに撮影するのは私の稚拙な技術だともう絶望的に難しいのです。
特に水族館は光の量も乏しいせいか、ゆったりと泳ぐ魚でさえ、必ずブレブレです。
そして、このインパクトのある、超ブサイクな顔!!!岩穴をくぐる生活感!!!(自己陶酔中)

え~、最後にお母さんと一緒にサメを見物する女の子の後ろ姿です。
a0150848_10104513.jpg
頭に取り付けられた、イルカのカチューシャに目を奪われました。

私の大好きな水族館内のお土産屋さんもじっくり堪能しました。
そして、同僚の皆さんへのおみやげをそこで買いました。
カラフルな魚の絵柄のついた木製のマグネットなのですが
がみちゃんには「見ても韓国のお土産かどうか分からん」という至極もっともな感想を頂戴しました。

あ~、韓国レポート一気に書いて、疲れました。
昨日、箕面市中央図書館デビューして本を借りてきたので
今日はこれから、じっくりと読書の秋を満喫いたします。
[PR]
by kokuzo89 | 2012-09-30 10:17 | 韓国 | Comments(2)

釜山アクアリウム その2

第2弾では、釜山アクアリウムの演出にフォーカスを当ててみました。
やり過ぎとは言わないけど、日本よりは力を入れてる感じがして微笑ましかったです。

ピラニアの水槽にて、「いかにも!!」な人骨。
a0150848_9382642.jpg

続きまして、ジャングル感満点(?)のヒョウとヘビ。
a0150848_9412572.jpg

a0150848_9414195.jpg

海底にはお約束の難破船!
a0150848_9422043.jpg

こちらは、ラブリーな五線譜に絡まる、タツノオトシゴ。
a0150848_9433259.jpg
如何でしょうか?頑張ってる感あるでしょ?
[PR]
by kokuzo89 | 2012-09-30 09:44 | 韓国 | Comments(2)

釜山アクアリウム その1

韓国旅行3日目の朝、私は独りで水族館に行きました。
その時間、パパ吉ととみこさんとがみちゃんは、チャガルチ市場でお刺身を食べたそうです。
私が一緒だとどうしても、手っ取り早く韓国語で話を付けてしまうけど
とみこさんは熱心に韓国語を勉強しているし、がみちゃんは英語が喋れるので
たまには別行動で、直に現地人と接する方が楽しくて良いだろうという気持ちもあり・・・

私が韓国に住んでいた10数年前にはろくな水族館が無かったものですが
今では、数か所に立派な水族館があり、釜山アクアリウムはその一つ。
多分、作りや構成は日本の水族館を大いに参考にしたと思われ、パッと見新鮮味が無い。
平日だったため、大混雑ということなく、快適に楽しめました。

一番、衝撃的だった場面が、コチラのクラゲの水槽。
a0150848_915935.jpg
「展示水槽 清掃中」と書かれたラベルが貼ってあります。
口をくくった透明なごみ袋の中で、クラゲがカサを揺らめかせておりました。
それがまた、数あるクラゲ水槽の中でダントツに大きい目立つ水槽であったこともあり
大変にシュールな画でありました。

次に面白かったのが何かのサメのタマゴを生んだ日順に並べて陳列したコチラ。
a0150848_9112457.jpg
タマゴの中でサメの赤ちゃんが元気に動いている様子がハッキリ見えます。
あんまり日本でも見た事がない展示で、ちょっとテンションが上がりました。

観覧客からは殆ど見向きもされてませんでしたが、私は目が離せないマンボウ!
a0150848_9132941.jpg
昔、須磨の水族園にやって来た時は感動したものですが
飼育が難しいらしく、すぐにいなくなってガッカリしたのを覚えています。
久々に見ましたが、やっぱり、ステキなサカナです。
皮膚が弱く泳ぐのが下手くそで水槽にぶつかって弱ってしまうのが飼育困難な理由だからか
水槽内は殺風景なまでに何もなく、マンボウ2匹以外は一切別の生き物はおらず
アクリルガラスの手前に透明のビニールをグルリと張り巡らせて彼らを守ろうとしてました。
水族館側は「韓国でマンボウを見れるのは釜山アクアリウムだけ!」という誇らしい貼り紙をしてましたが
どういう訳か、まったく人気がありませんでした。アンビリーバブル。

第1弾の最後は、リアルなソフトタッチのニモが描かれたトイレ。
a0150848_9253975.jpg
これ以外にもサメとかカニとか様々な海の生き物がトイレには描かれていました。ブラボー!!!
[PR]
by kokuzo89 | 2012-09-30 09:28 | 韓国 | Comments(2)

甘川文化村 その2

一度で終わらせるつもりだった、韓国のマチュピチュこと「甘川文化村」の話題。
途中で、韓国の詩が入って長くなってしまったので、分ける事にしました。
・・・とはいえ、もう華やかな(?)ネタは残っていません。

まずは、塀にメルヘンなペイントが施された休憩所。
a0150848_883089.jpg
この村にはアートを意識した、雑貨屋さんとかカフェが点在していましたが
基本的には庶民がフツーに暮らしているオンボロの古い村なのです。
そういうこともあって、妙に浮世離れしたアートがややぎこちなく感じられました。

パパ吉も人工的なアートにはさほど興味を示さず、日用品や食料を扱う小さなお店とか
村を練り歩く、いかにも朝鮮っぽいお婆ちゃんの方にロックオンしてました。

続きまして、民家に飼われる「똥개(ワンコ)」。
a0150848_8155955.jpg
똥개というのは直訳すると「ウンコイヌ」となりまして、韓国ではよく使う言葉です。
私の印象では「小さくってヘタレっぽい犬」の事を指す呼称であると思います。
こちらの똥개は、住み心地最高のステキな自分の領土でウトウトしているところ
突然の無礼な来訪者(我々)を発見し、最初は迷惑そうな表情を浮かべてコチラを見てましたが
遠慮なく近づいて行くと、寝そべったままではありますが、強い抗議の顔になり
「ウググググゥ」とうなってみせました。お邪魔して申し訳なかった・・・

最後に、甘川文化村の落書きを。
a0150848_8222794.jpg
これもアートの一環なのか、それともまっとうな落書きなのかは不明です。
小学生並の画力で描かれたカエルやケータイ電話はあまりアートの香りはしない。
ハングルで書かれた文字も、他愛のないモノばかりです。

ここは、釜山の高台にあるので、海も見えて景色はなかなか悪くないです。
昔、木村拓哉が主演の映画の舞台にもなった事でも有名とのこと。
[PR]
by kokuzo89 | 2012-09-30 08:33 | 韓国 | Comments(6)

甘川文化村 その1

韓国旅行から戻って、はや半月以上過ぎてしまいました。
最初のレポートは、いきなり最終日に訪れた「甘川文化村(カムチョンムナマウル)」です。
a0150848_7155338.jpg
「韓国のマチュピチュ」などと大層なニックネームの付いた街をパパ吉と二人で散策しました。
地下鉄の駅からタクシーに乗って、かなりな坂道を登っていった所にあるアートを意識したらしい
ちょびっと人工的な観光スポットでした。

木で作ったカラフルなお魚が村のアチコチの壁に飾られていました。
a0150848_7194872.jpg

村のコミュニティセンターの受付嬢はマネキンでしかも居眠りをしております。
a0150848_723531.jpg


遠目には原色のオウム。近づくと顔は渋い顔したオッサンという気色悪い置きもの。
a0150848_7252199.jpg

ごちゃまぜのハングル文字~
a0150848_7274651.jpg
パパ吉が「これは何か意味のある言葉なのか?」と私に質問をしたのですが、カオスすぎて
「いや、意味なくハングルを散らしてるだけみたい・・・」と答えましたが
今、改めてこれらの文字を見ていると、元々、何がしかのメッセージのある文章だった文字列を
バラバラにして貼り付けた可能性が高い。
と、ここまで書いて、韓国語でググってみると、すぐにネタが判明した。

鄭芝溶(チョンジヨン)という、第二次世界大戦前頃に活躍した韓国を代表する詩人の
「郷愁」という有名な作品だそうです。長いのを全文引用してみました。(誰が読むのか???)
日常使わないような単語が多用されてて難しい。生まれ故郷の様々な情景を列挙して
「その地を忘れることなど出来はしない」と繰り返しているようです。

향수

넓은 벌 동쪽 끝으로 옛이야기 지줄 대는
실개천이 휘돌아 나가고 얼룩백이 황소가
해설피 금빛 게으른 울음을 우는 곳
그곳이 차마 꿈엔들 잊힐리야

질화로에 재가 식어지면, 비인 밭에 밤바람 소리
말을 달리고 엷은 졸음에 겨운 늙으신 아버지가
짚 벼개를 돋아 고이시는 곳
그곳이 차마 꿈엔들 잊힐리야

흙에서 자란 내 마음, 파란 하늘빛이 그리워
함부로 쏜 화살을 찾으러 풀 섶 이슬에
함초롬 휘적시던 곳
그곳이 차마 꿈엔들 잊힐리야

전설바다에 춤추는 밤 물결 같은 검은 귀밑머리 날리는
어린 누이와, 아무렇지도 않고 예쁠 것도 없는 사철 발 벗은
아내가 따가운 햇살을 등에 지고 이삭 줍던 곳
그곳이 차마 꿈엔들 잊힐리야

하늘에는 성근 별, 알 수도 없는 모래성으로 발을 옮기고,
서리 까마귀 우지짖고 지나가는 초라한 지붕
흐릿한 불빛에 돌아앉아 도란도란 거리는 곳
그곳이 차마 꿈엔들 잊힐리야
[PR]
by kokuzo89 | 2012-09-30 07:56 | 韓国 | Comments(4)

領事館にて

今日は会社を休んでパスポートを作りに行って来ました。
がみちゃんと同じ、韓国領事館内のスピード写真機で撮影をしました。
a0150848_19114737.jpg
この先10年使うパスポートになるので、ガッカリ写真は困るなぁと思ってドキドキ。
奇跡の一枚というほどではないけど、まぁまぁの出来。
意外に目が離れてるんだなぁ・・ そして散髪したての髪がギザギザで面白い。
文明開化の音がしそうなザンギリ頭です。
でも、一番オカシイのはパッチリ二重なところ(この写真では分りませんが・・・)。

この頃、お疲れが溜まっているのか、目の下のクマがひどいので
クマクマで写真撮影をするのは嫌だ!と思って、ゲットしたのがコチラ。
a0150848_19354217.jpg
ゼロクマコンシーラという化粧品で、目元のクマを隠すアイテムです。
今朝はこれを目の周りに塗って気合入れて臨みました。

窓口のおじさんは落ち着いた感じで、手際も良く、あっという間に受け付け終了。
追加料金を払って10日で宅配してもらえるコースにしました。

うひゃ~と思ったのは、この冬に行われる韓国大統領選挙の投票権の受付をしてた事。
パンフレットと申込用紙を貰いました。
a0150848_19321046.jpg
私たち在日韓国人は日本でも韓国でも選挙権が無いものでしたが
今や、大統領選挙に参加できるようになったのかと思うと、ちょっと感激。
現実的には日本の選挙権がある方が良いのだろうけどね。

で、手続きをしようかなとも思ったんだけど、有効期限のあるパスポートが無いし
韓国内での政治状況なんか、全く分っていないのでスルーして帰ってきました。
[PR]
by kokuzo89 | 2012-07-23 19:34 | 韓国 | Comments(4)

韓国、定番のお土産

韓国のお土産を頂きました。美顔パックです。
最近では色んな種類のが出てて、パッケージもお洒落~
a0150848_9452889.jpg
美溶液がタップリ染み込んだマスクを顔に貼り付けると
なんとはなし贅沢な気分になります。

パック中の顔の写真も撮ったのですが、我ながら気色悪かったので
掲載自粛する事にしました。
[PR]
by kokuzo89 | 2011-07-30 09:51 | 韓国 | Comments(2)

漫画本

出張帰りの金浦空港にて、非常に待ち時間が多かったのですが
私は主に本屋さんで時間をつぶしました。
そして、ハングルの漫画本を2冊ほど買いました。

漫画は立ち読みが出来ないようにフィルムで包まれていたので
内容は全く分らないまま冒険の購入になります。

こちらは「消しゴム」というタイトル。装丁が凝ってて高価!
a0150848_12165621.jpg
作者はイラストレーターということで、中を開けてみると、文字は非常に少ない。
猫が主人公の短いストーリーが読み切りで36個入っている。
活字を見ると、即効で睡魔が訪れる私でもアッサリ読めてしまいました。
相当辛気臭い内容のストーリーが多いけれども、面白い。

もう一つ「心の声」という、こちらはネットでブレイクした漫画シリーズ。
私が買ったのは、第5巻です。装丁がカエル色だったのが購入ポイント!
絵のタッチは正直好みではない。
a0150848_12244537.jpg
やはり短編の漫画(不条理系ギャグ漫画?)が48個収録されている。
コチラは文字も多く読むのに結構時間がかかる。
最後に綺麗なオチが必ず付いてきて、なかなかに爽快である。
韓国語ということでひとまず理解するのに時間が掛ってしまうせいで
大爆笑!!とはならないけれど、着眼点やら言葉の使い方が面白い。
絵のタッチも見慣れて来ると悪くないような気がしてくる。

どちらも「そこそこ当たり」でした♪
[PR]
by kokuzo89 | 2010-11-14 12:33 | 韓国 | Comments(4)

デコボコ

韓国の道はデコボコしていると思う。
出張初日、夜の道ですっ転んで膝小僧を擦り剥いた・・・
a0150848_1132162.jpg

会社の同僚10名余りで一緒にゾロゾロ歩いていた時の事だった。
酔っ払って足がもつれたと思われた節もあり、非常に不本意だ。

年に一度履くか履かないかのパンストを履いていて
膝小僧の周り、綺麗に大きな穴があいた。
夜だったのが幸いだが相当間抜けな姿。

顕微鏡モードで接写!
a0150848_11381284.jpg
薄く擦り剥いたため、血もほとんど出なかった。特に痛みもない。

ただ、私はベッドの上を移動する時に這い這いする習性があるため
その時だけは、「イテテテテっ」となる。

派手にやったのは、コレだけだけど
韓国滞在中に、何度もつまづきそうになったり、突然の地面の陥没にドキっとしたり
ホテルの部屋の中でさえ、シャワールームの段差で3回ほどつんのめった。

ようやく慣れてきた頃には、もう帰国♪
[PR]
by kokuzo89 | 2010-11-13 11:47 | 韓国 | Comments(2)

ぼちぼち復活 のんびり更新


by kokuzo89
プロフィールを見る