カテゴリ:音楽( 37 )

ESPECIAL

Tower Record店内をグルグル彷徨って、正直に言うと
「店員に聞いちゃおうか?」と弱音を吐きたくなったりもし
「ドーベルマンなんて置いてないんかな?」と疑惑に溺れそうになったりもした。

しかし、遂に自力で発見することが出来た。
なんと「Japanese Reggae」というコーナーにあった。
「ネオスカ」って言ってたけど、それはレゲエの一種なの?
いや、そんなことは全くどうだっていいのだ。
異国のTower Recordでドーベルマンに再会した時の感激たるや!!?(大げさ)

espeomo.jpgこれがドーベルマンの10周年ベスト盤
「ESPECIAL」のジャケット(表)です。
チンパンジーなかなか渋くてカッチョイイ。
私が見た時は2枚しかなかった。売れたのか、
もともと2枚しか仕入れてなかったのか
真実は分かりません。


espeura.jpgジャケット裏面です。9人組バンドです。
もちろん平積みされてはいなかったけれども
ちゃんとジャケット面を見せて陳列されてて
店員さんによる手書きポップもついてて
「おお、ドーベルマン、やるやんかぁ!」と
ちょっと感心しました。


家に帰って早速、聴いてます。
あぁ、聞き覚えのあるメロディーが・・・
案外耳に残ってるものですな。なかなか悪くないです。

CDには、おまけとして、大阪で開催される
「単独野外フェス」特別無料招待券がついてます。豪華です。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-07-05 00:07 | 音楽 | Comments(2)

Tower Record デビュー

今日は川崎のTower Recordに行った。
先週、新宿でのライブで見たドーベルマンのベストアルバムが
本日発売だったのだ。
だいたい私はなんでもヨドバシカメラで買うのに
なんでまたTower Recordに行ったかというと話は少し長くなる。

かつて会社にM課長という人がいて、今はもういないんだけど
私が彼の仕事をチョコッと手伝ってあげた時に「お礼」と称して
ミュージックギフトカードを三千円分くれたのだった。
えらい太っ腹なお人やなぁ、と有難く頂き、財布の中に突っ込んだまま
もう数年が経ってしまったのだ。
その存在は普段は完全に意識の域外にある。
ごくたまに、それが目に入った時には
「あぁ、コレ、はよ使わなアカンのになぁ・・」と思って
また何年も忘れてしまう。だいたい、私はAmazon利用度が高くて
なかなかCD屋さんに行くことが無いのです。

で、今回、ドーベルマンのベストを買うぞ!と決めた時に
ミュージックギフトカードを使ってしまうことにしたのです。
それが使えるお店がTower Recordだったという話。

Tower Recordは、如何にも「音楽好き」みたいな人が行くような
ちょっとお高くとまっているイメージがある。
私は洋楽や歌詞の無い音楽に全く関心が無いためTower Recordなどは
とても敷居が高いのです。意味もなく申し訳ないような
自分なぞが入るべき場所ではないと思い込んでいるのです。

ともあれ、私は勇気を出してTower Recordに入り、
見知らぬ街に迷い込んだ異邦人のように途方に暮れながらも
店員に「ドーベルマンどこですか?」と尋ねるのは何故か
屈辱的で、意地でも自分の力で探し出してやると、訳の分からない
根性を発揮し、苦労の末にやっと見つけ出したのです。

上に続く。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-07-04 22:04 | 音楽 | Comments(0)

ミーハー戦利品

Crying Nutのライブの話のつづき・・

makkifor.jpgサインや写真もOKという事前情報があったので
「これは絶対サインを貰うぞ」と決心し
サインを書いてもらうための油性ペン(緑2種他)と
色紙は鞄に入らないので、絵葉書を購入。
彼らの歌にもしばしば出てくる酒(ビール)柄です。
一応、彼らのCDも持参して行きました。

会場では各バンドのCDとかTシャツやグッズが売られてまして
私はCrying NutのTシャツを買い、それに着替えてライブ鑑賞しました。
CDも欲しいのがあったのですが、残念ながら売られてなかった。

ライブが終わって、メンバーの皆さんが出て来た時に
すかさず、サインをしてもらいました。
メンバーは5人いるのですが、それぞれバラバラに出てきたので
そのたびにワーと駆け寄って「すんまへん、サインお願い!」と
韓国語で話しかけました。
本当に幸いに全員分を書いてもらうことに成功しました。

nutts.jpg準備していった絵葉書やCDではなく
着ていたTシャツの背中に直接、書いてもらった!
ちゃんと私の名前も書いてくれました。
なんと、これをデザインしたのは
ドラムのサンヒョクさんの娘(推定3歳)!

大変ステキな記念になりました。
サインをもらう時に握手もしました。
気さくな人たちであるということは聞いてましたが
確かに、非常にフレンドリーでにこやかに応じてくれました。
韓国ではカリスマ的人気のある(あった?)バンドで
ステージは大変パワフルにしてエネルギッシュで
非常に輝いているのですが、楽器を手放した彼らは
悪く言えば・・全然オーラが無いフツー人たちでした。

油性マジックで書いてもらいましたが
洗濯しても大丈夫なものか分からず
どうしたものか、困っております。
とりあえずファブリーズを吹きかけて放置してます。
洗うべきなんだろうけどなぁ・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2008-06-29 11:57 | 音楽 | Comments(4)

ASIAN ROCK BUS 2008

新宿まで、ライブ見に行ってきました。
kaijoa.jpg
















会場はこんな感じでした。

ライブハウスという場所には馴染みがなく、当然ながら観客は
10代、20代の若い人が多くて、立ち見オンリーでノリノリで
たいした非日常でしたが、楽しかった。

私のお目当ては韓国バンドのCrying Nutですが
一緒に出演したDOBERMANとMONGOL800も良かったです。

MixiのCrying Nutコミュニティの運営者のMさんとそのお友達の3人で
一緒に見たのですが、Crying Nutの時は最前列まで行って
本当に触れるほどの近距離で見ることができ、夢心地。

個人的に一番好きな曲を演奏してくれた時は、キャーキャー言って
大いに盛り上がりました。

日本の観客への配慮から、代表的な大ヒット曲の3曲を
英語バージョンで歌ったのは、非常に残念でしたが
想像してたより、はるかに長い時間、多くの曲を聴けて
もう、大満足でした。

ソロでライブをやるというのなら、韓国まで見に行きたいなぁ
と思うほどでした。

Mさん達とご一緒せず、一人で行ってたら、たぶん
最前列まで出ていく元気も無かっただろうし、
あんなにキャーキャー騒ぐことも無かっただろうと思います。
彼女たちのお陰でライブを何倍も満喫でき、感謝してます。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-06-29 11:27 | 音楽 | Comments(4)

ついにライブへ

今日の夜、韓国のロックバンドの日本公演を見に行きます。
Mixiのコミュニティで、このイベントのことを知ったのですが
その管理人さんと連絡が取れまして、一緒に見ることになりました。

どんな雰囲気なのかなぁ?
すごい楽しみ。

なんでも、写真を撮ったり、サインをしてくれたりが
全然オッケーというフランクな方々らしく
バッチリ、ミーハーにやってこようと思ってます。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-06-28 03:04 | 音楽 | Comments(2)

こんなにクッキリ覚えてる・・・

今日、会社でエレベータが来るのを待っていた時に
何の前触れもなくフッとある歌が頭の中から湧き出てきた。

それは「今泉先生の歌」です。
小学校を卒業する直前くらいに担任の先生に贈るべく
クラスメートみんなで作詞して歌った歌です。
ちなみに曲は当時流行していたわらべの「メダカの兄妹」

♪ 今泉先生の特徴は足が短い奥さんいない
  だけど先生はイジけない 可愛い生徒がいるから
  足短い短い 先生もてないもてない
 だけど先生はクジけない 強い今泉先生

私たちが卒業した年、今泉先生はなんとがみちゃんの担任だった
丸山先生と結婚されました。

それにしても、確か1日で即興で作ったような歌で
ろくに練習もしなかっただろうに、なんでこんなにまで
ハッキリと覚えているのか、我ながらビックリ。

懐かしいついでに、がみちゃんの作った
「ねんねん猫がね にゃににゅにぇにょ〜ん」の歌とか
美味しくってメロメロに大好きだった「とど」を讃える
「とど とど とど とど 山にある〜」の歌とか思い出しちゃった。

幼き日の記憶が極端に少ない私としては、奇跡的に脳に残った
間抜けな歌たちです。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-05-20 22:13 | 音楽 | Comments(2)

ライブに行くぞ

大好きな韓国のバンド「Crying Nut」が来月日本に来るのです。
「DOBERMAN」という聞いたことのない日本のバンドが主催で
「MONGOL800」という小耳にはさんだようなことのある日本のバンドと共に
3つのバンドの共同ライブです。

今日、そのライブのチケットを購入しました!
コンサートを見に行くなんて何年ぶりだろう??
すげー楽しみだなぁ。

生の「Crying Nut」なんてたぶん、一生、拝めないと思ってた。
彼らは日本では全然マイナーだし、韓国においては
熱心にライブ活動を行っているらしいけど、私はなかなか
韓国に行く機会がないし、何より、彼らのライブを見に来るのは
ほとんど10代だとかって何かのネットで書いてました。
YOU TUBEなどで紹介されてるライブの様子などを見ると
もう何というか、ハチャメチャの修羅場みたいに荒れまくってて
とてもじゃないが、私みたいなオバハンが割って入る雰囲気ではない。

日本でのライブも全部一律の立ち見席しかないとのことで
若干の不安がないでもないのですが、まぁ、最悪は
客席の端っこの片隅で、小さくなってりゃ怪我はすまいと・・・

単独コンサートでないのは非常に残念極まりないけど
「Crying Nut」目当てで、この公演を観に行くのは
おそらく、メチャメチャ少人数に違いあるまい。

CD持って行ったらサインしてもらえるかな?
アカン・・急にミーハー魂が・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2008-05-12 22:51 | 音楽 | Comments(4)