「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 108 )   > この月の画像一覧

ローカルネタ

昨日はイレズミをやってもらった板宿の美容院から家まで歩いた。
足の調子は大分良くなってきつつあります。
懐かしい風景などを撮影してみましたが
帰って見てみると使える写真は殆ど無かった。

mokkoita.JPG美容院から徒歩5秒の所に
がみちゃんの贔屓のラーメン屋「もっこす」が
3ヶ月くらい前に出来たそうです。
喫茶店パルチールのあった辺りです。
今度帰省した時は是非試してみて下さい。
花隈店(だっけ?)には敵わないだろうけどね。

kobankoen.JPG小さい頃、時おり遊んだ交番横の公園
当時から「狭い公園やなぁ」と思ってたけど
大人になった今、改めて見ると
その余りの小ささに感心する程
いつ見ても子供が遊んでいるのを
目撃する事は出来ませんが
花壇には綺麗なパンジーが植えられてました。

zenshojiyo.JPG人生における最初の母校への入口。
幼稚園の園歌のサビ部は今でも歌えます。
お寺に付属していたため、毎朝
観音様にお祈りさせられた記憶があります。
園内(境内)には立派な鐘がありまして
立派なスズメバチの巣が付いてました。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-31 01:31 | 徒然 | Comments(2)

年賀状を作る

もう十数年間、年賀状は出したり出さなかったりだ。
出す場合でも年内に出す事はまず無い。いわゆる「後出し」
悪い習慣ですが家族みんなそうなので、
環境が悪かった・・・ということにしよう。
そんな悪い態度なので、当然、年賀状はあまり来ません。

先ほどテレビで「有頂天ホテル」を見ながらCMの時間を活用して
インターネットからイノシシの画像を探して来て
文字や挨拶文と組み合わせて裏面の方を作りました。
今年はインクジェット用の年賀状を予め準備していたので
なかなか綺麗に印刷できた。こういう作業は結構好きです。

日付が変わった。ついに大晦日。戌年最後の日だ。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-31 00:44 | 生活 | Comments(0)

イレズミ→岩盤浴

今日は朝9時半に予約していたイレズミに行って来た。
8月に第1,2弾をやったのですが今回が最終回でした。
第1弾:http://blogs.dion.ne.jp/kokuzo/archives/3911337.html
第2弾:http://blogs.dion.ne.jp/kokuzo/archives/4034579.html

美容師先生と話をするのがなかなか面白い。
アイラインのイレズミを入れられ涙を流しつつ、いろいろ話をした。
だいたい私は美容院などでしゃべり掛けてくる美容師を嫌悪するけど
ここの先生は例外です。
風呂屋好きの彼女から最近、垂水に出来たという銭湯を紹介してもらった。

もともと、長田の銭湯「元気の郷」に行くつもりだったのだけど
急遽、垂水の「太平のゆ」に行き先変更をした。
ここは3種類ある岩盤浴が自由に出入りできるのが素晴らしく
露天にあるお風呂も種類が豊富で、なかでもラムネ温泉で有名な
炭酸泉は入っていると身体に気泡の粒々がびっしり付いて
非常に楽しく愉快な銭湯でした。抹茶ソフトも美味しかった。
4時間以上を過ごしましたが、もっともっと居たかった。

で、私は久々に車の運転をしました。
実家に帰ると、たいてい毎回、運転をするのですが
最初のうちは慣れなくて怖い。
今日もガレージの中から車を出すという時に
サイドブレーキを解除する為にブレーキを踏まなきゃならないのに
間違ってアクセルをブンっと踏み込んだりしてヤバイヤバイ。
細い道でチャリンコがいたりするともう、アセルアセル。
でも無事に垂水まで行って帰ってくることができました。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-30 18:35 | 風呂 | Comments(0)

家の中でも吐く息が白い

羽田発20時15分(少し遅れたけど)の飛行機に乗って神戸に戻ってきた。
なんと今夜の神戸は2℃という寒さ。
今、これを書いている部屋ではコタツに入ってるけど
部屋の環境はスゴク極寒です。息を吐くと白いです。
あぁ神戸の家に帰ってきたなぁ、と実感が湧く瞬間。
この家は屋内と屋外の温度差が限りなくゼロに近い。
でも頭冷足温は身体に良いはず・・・だよね?

帰って来て早速、母の作ったナムルとおでんモドキを食べながら
発泡酒を1本いただいた。非常に美味しかった。
これから、また連日、暴食の日々が続きます。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-29 23:35 | 徒然 | Comments(0)

卓球納め

今日は15時頃には終務式というのを終えて仕事納め。
20時過ぎの羽田発の飛行機まで時間が有り余ったので
SさんとWお姉ちゃんと今年最後のアジュンマーズ卓球納めをした。
足の調子もほぼ支障が無いほどになり、思い切り試合が出来ました。
11−0の完全試合も達成し、非常に良い気分でした。

ほぼ1ヶ月くらい、卓球を休んでいたのだけれど
その間にみんな随分レベルアップをしているように見受けられました。
私も目標を持って少しずつでもステップアップしたいものです。

あ、そういえば・・・
うっかり卓球場に携帯電話を置きっ放しにして来てしまった。
会社から最寄の駅についてから、そのことに気が付いた。
時間的には戻っても大丈夫なくらいの余裕はあったのだけど
面倒くさいので置き去りを決め込むことにした。
もともと電話なんか掛かって来ないし、私にとって
あれは無くても全然、構わないような物ではあるけれど
神戸で連絡をしようと思ってた友人がいるのに
彼女たちの連絡先を知るすべが無くて困ってる。
どうしよう・・・
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-29 23:14 | 卓球 | Comments(0)

仕事納め→帰省

今日で2006年の仕事はお仕舞い。
そのまま夜の飛行機で神戸に飛びます。
今年の正月休みは悲しくなるほど短い。
年末年始は家でのんびり過ごそうかと思っています。
そうそう、最後のイレズミもやりに行きます。
今日は仕事もそこそこ・・・と行きたい所ですが
バタバタになること必至な感じです。
ともかく一年、これといった事故もなく無事、務め終えました。
一日、頑張って締めくくろう。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-29 07:56 | Comments(0)

え?もう花??


kicro.JPG

















これはクロッカスのジョビ二郎なんですが、おととい頃から
明らかに葉っぱとは違う色と質感の黄色いのが芽の間から顔を出してる。
早々に栽培を始めたシンシンはようやく小さな芽が生え始めたばかり
なのに、まだひと月半ほどのジョビ二郎が驚異のスピード成長!
1ヶ月以上先輩の同じクロッカスのツノスカヤをも追い越しての快挙!
私はチューリップみたいに長い茎が出て、その上に花が咲くのだと思ってた。
こんなに低い場所で開花する植物だったのね。

ともあれ、花を目的に育ててる訳だからもちろん嬉しい。
私が正月帰省している間に見ごろを過ぎてしまわないことを
祈るのみであります。大丈夫かな?
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-29 00:35 | 植物 | Comments(0)

層が厚いのう

全日本フィギュアスケート選手権(男子)を見ている。
オリンピックや世界大会でお馴染みの高橋と織田しか知らなかったけど
男子もレベルの高い選手がベテラン若手共にたくさんいるのだ。
今や、フィギュアは日本のお家芸になりましたね。
世界トップクラスの選手が続々出てくるのだから・・・

小学生の頃、何度か連れて行かれたアイススケートでは
私はツルツル滑る不安定さにすっかり恐れをなして
フツーにまっすぐ滑ることさえ、ままならず今に至る。
もちろん、ちっとも楽しさが分からなかった。スキーも然り。

そういう訳でフィギュア選手の芸当にはたまげるばかり。
とても人間業とは思えへん・・・
おまけに日本の若い選手達は西欧人と比べても引けをとらないほどに
手足が長くスラっとしている。伊藤みどりとは別モノだわ。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-29 00:08 | 徒然 | Comments(0)

ボヤ騒ぎ

ロンドンで宿泊したホテルでは、私が滞在している間に
なんと二回もボヤ騒動があったそうです。
伝聞調なのは私自身はその場に居合わせなかったから。
1回目は一人で泊まってた一日目の夕方に起こったらしく
翌朝、レストランで隣に座った老夫婦にボヤ騒動の話を聞いた。
2回目は父が騒動に巻き込まれ、色々と苦労があったそうです。
幸い、二回とも感知器の誤作動だか何かだったらしく
異国の地で被災民になることはなく、荷物も燃えずにすみました。

hotelfire.JPGホテルの部屋のドアに貼り付けられた
火災時の非常口と心得が書かれたプレート。
このホテル、最初は迷路のように感じられ
自分の部屋にたどり着くのも苦労したけど
こうして見ると、まさにラビリンス
ざっと数えただけで5Fに部屋が40以上もある

写真の右下は日本語による説明が・・・
 1.冷静に状況を判断して下さい。
 2.落ち着いて近くの非常口より避難し、ホテルの外にお集まり下さい。
 3.エレベーターは使用しないで下さい。
 4.お荷物にはこだわらず、すみやかに行動して下さい。
 5.指示があるまでホテルの中に戻らないで下さい。

私もちょっとボヤ騒動に巻き込まれてみたかった気分も・・・
バタバタ気分もあとで楽しい思い出になりそう。


kinkiratawa.JPGこれはハイドパークの中にあった
やたら金ピカに輝くまばゆい塔。
何やら有難い雰囲気を醸してました。
ヴィクトリア女王が夫アルバート公のために
作ったものらしい。
この記念塔の向かい側には
ロイヤルアルバートホールという
演劇場があって、日本でもお馴染みの
アレグリアなどのポスターが貼られてました。

さて、これをもちまして1ヶ月以上に渡り、長々と続けてきた
英国シリーズは完了といたします。お付き合い頂いた皆様に感謝!
最終日に私の気分をどん底に突き落とした事件については
遂に触れずじまいでしたね。実際、大した事件じゃなかったからなぁ。
ともあれ、韓国以外で初の海外旅行は良い思い出になりそうです。
もう遠い昔のことのような気がします。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-28 23:40 | 英国 | Comments(0)

久々のアジュンマーズ

今日は昼休みにも卓球をやって、なんと終業後も
本当に久しぶりにクレイジーアジュンマーズ活動をした。
ま、たったの30分ほどでしたが・・・

昼も夜も調子が良くて、相変わらず俊敏には動けないものの
試合では勝ちの方が負けより随分多い状態だった。
やっぱり卓球が出来るってシアワセだわ〜。
足の痛みは安静にしても、これといって快方に向かわないので
卓球を解禁したのですが、特に悪化することもなく
徐々に徐々に良くなっているような気さえします。

年が明けたら徒歩通勤を再開するつもりです。
[PR]
by kokuzo89 | 2006-12-28 22:45 | 卓球 | Comments(0)

ぼちぼち復活 のんびり更新


by kokuzo89
プロフィールを見る