<   2008年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

釣果

パパ吉とのアジ釣りでの成果について。

ajitairyo.JPG釣り始めて1時間半ほどは完全の坊主
17時を過ぎた頃から急激に釣れはじめ、
あれよあれよという間に大量のアジが釣れました。
まだ釣れはじめ序盤の頃のクーラーボックス。
この後、じゃんじゃん増えます。
サイズは小っちゃいものです。


ajisioy.jpg
日曜日の夕飯に変身!
アジは塩焼きにしてもらい
庭でとれたスダチをかけて
食べました。自給自足!!!
小さいアジなので4匹も食べちゃった。
カルシウムが補給できました。
美味しかったよ。

sumafugu.JPG








番外編は「フグ」です。
17時頃からアジが釣れるようになる前はコレばっかり。
写真では大きく見えますが、せいぜい10センチほどの小さいなものです。
絵に描いたようにパンパンにお腹を膨らませるんです。
小さい子供や私はフグのラブリーさに大喜びですが
釣り人にしたら、迷惑でウザイ存在らしく。
釣りあげられたが最後、海に返してもらえず
コンクリの上に大量に放置されてました。可哀想・・・
パパ吉が釣ったフグは私からお願いして海に返してもらいました。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-30 07:48 | 出掛 | Comments(0)

楽しい須磨での釣り

土曜日、パパ吉がアジ釣りに行くというので、ついて行きました。
須磨海岸のヨットハーバー横の手狭い防波堤です。
yottohabatsuri.JPG









大黒埠頭の釣り人が修行僧みたいな男ばかりで、黙々と釣竿を垂れるのに対し
須磨防波堤の釣り人はまさに老若男女入り乱れワイワイガヤガヤ
それは賑やかで楽しいです。とにかく子供が多い。
自分では釣りをしないけど、釣り人を冷やかしに来るオッサンなども
入れ替わり立ち替わりやって来て、蘊蓄を垂れていく。
関西やなぁ・・・と思った。
大黒埠頭も有料の釣り桟橋の方に行ったら家族連れが多くて
楽しい雰囲気なのかもしれない。

yuhitsuriko.JPG
















明石海峡大橋に夕日が沈むのがとても雄大でキレイでした。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-28 07:14 | 出掛 | Comments(2)

神戸のPiTaPa

関東のPasmoに相当する、関西のPiTaPaは鉄道会社ごとに
カードが発行されるようで、バラエティに富んでそう。

kobepitapa.JPG神戸市営地下鉄内の広告です。
神戸弁バリバリで特色を出してます。
電車に乗って見ていると
方言を使った広告が結構たくさん。
ちょっと楽しい気分になる。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-27 07:50 | 徒然 | Comments(0)

布引の滝

木曜日から大阪に出張に行って、金曜まで仕事。
土曜日曜は実家でのんびりしてきました。

土曜日にはパパ吉と須磨の海に釣りに行き(私は見てただけ)
日曜日にはとみこさんと新神戸でランチ後に布引の滝を見ました。

なんと布引の滝は那智の滝、華厳の滝と共に数えられる
「日本三大神滝」の一つなんだって・・立派な滝なんだ

mesutakinuno.JPGこちらが最初に現れる雌滝
布引の滝には4つの滝があって
こちらは規模では2番目の大きさです。
周りの木々と調和して
なかなか美しい滝であります。


osutakinuno.JPGこちらが雄滝。
布引の滝の中で最も大きいモノ。
確かに2段階になってて
高さもあり、迫力ありましたが
周りが岩ばかりで剥き出しな感じで
雌滝に比べ趣は少なめでした。
ちゃんと見物用にイスやソファが
備え付けられてて親切。

nunomaimai.JPG小雨の降る中、布引の滝への道を
歩いていると、カタツムリに遭遇。
近年は滅多にお目にかかれないので
滝を見た時よりもテンションが上がっちゃった。
結局アタシは風景よりも生き物の方が
好きなのです。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-27 00:01 | 出掛 | Comments(4)

「う」の名前を探す

昨日に引き続き「う」から始まる名前を考えてみた。

桂歌丸
ウド鈴木
伊佐坂浮江(サザエさん)
京唄子
津田梅子(津田塾創始者)
右近(百人一首)

どうも、非日常な感じです・・

外国人だと

ウサマ・ビンラディン
ウィリアム・テル
ウォンビン
ウスペンスキー(チェブラーシカの生みの親)
ウィッキーさん

スゲー、朝から頭がフル回転だわ!
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-22 07:30 | 徒然 | Comments(0)

今日はラッキー

ズームインの「あかさたな占い」によると今日最も運勢が良いのは
名前の最初の文字が「う」の人だそうです。

キター!!はい。私です!

しかししかし、日本人で「う」から始まる名前の人って
男にしろ女にしろ、そうそう、おらんと思います。

片山右京と中村うさぎ位しか思いつかない。

ともかく、今日は新しい靴下をはいて、恋に邁進すると吉ということです。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-21 07:52 | 徒然 | Comments(5)

大黒ウォーキング 風景編


daikokubashi.jpg大黒大橋です。長さ800メートルくらいかな
けっこう立派ですよ。
歩いて渡る酔狂な人はいませんでした。
橋の上からの眺めは素晴らしい。
最も横浜らしいみなとみらいの風景が
ドーンと見えます。

chitujotominamira.jpgこちらも大黒大橋から。
同じような白い車が秩序正しく並ぶ
この辺りは出荷前の車が驚くほど多い。
向こうに見えるのがみなとみらい
一番高いビルがランドマークタワー
神戸の摩耶埠頭と同じ雰囲気・・

shitaaka.jpgお船をぼんやり観察してたら
あることに気が付きました。
殆んど全ての船は2色塗りになってて
上部分は黒や青や緑色と様々で
バラエティに富んでるけど
下の水に接する辺りはどれも赤色。
きっと何か根拠があるのでしょうね。
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-19 20:38 | 出掛 | Comments(2)

大黒ウォーキング 虫編

それにしても、パッとしない曇り空の日曜日に
歩いて大黒埠頭を目指す酔狂な人はそうそういないらしく
15号線から南下して、大黒海釣り公園までの5キロほどの間に
出会った人はジョギング中の若者たった一人だけです。
お手洗いを借りる為に入ったガソリンスタンドと
お手洗いを借りる為に入った大黒埠頭中央公園では人に会いましたが・・
ウォーキング出発直前にビールを飲だら肌寒い気温も手伝って
普段以上にトイレが近い近い。

ombubatta.jpg海釣り公園内で見つけたオンブバッタ
ミドリ色でカワイイ!!
ちゃんとオンブになってる場面は
なかなか、お目にかかれないので
ちょっと嬉しかった。


funamushi.jpg出ました!!ギャーーーー
大きなフナムシです。
どうしても生理的に受け付けない。
何がイケないんでしょうね。
改めてジックリ見てみると
おメメがパッチリでキラキラしてる!
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-19 20:25 | 出掛 | Comments(0)

大黒ウォーキング 植物編

体育の日にフラっと訪れた大黒海釣り公園。
気に入ったので、今日は歩いて行ってきました。
約9キロほどの行程はトイレ探しに苦心したものの
人とすれ違う事が皆無に近く、熱唱しながら歩くには申し分なし。
鶴見川沿いはなんといっても散歩やジョギングの王道なので
人がわんさかいるのです。
edamamenoki.jpg散歩途中に見つけた
変わった実の付く樹。
勝手に「エダマメの樹」と命名。
しかし、このツヤ具合・・
ゼリービーンズっぽいね。


sarusuberi.jpg人通りの全くない大黒埠頭への
道路わきに植えられたサルスベリ
鶴見区の木だって・・・?
ちなみに鶴見区の花はサルビア
何?このサルつながり、狙ってんの?
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-19 20:05 | 出掛 | Comments(2)

ブドウの食べ方、ガムの食べ方

自分では当たり前だと思っていることは、他人もそうに違いないと思いがち。
もちろん、頭では自分と他人は違うのだ、と分かっていても
実際には自分の価値観や行動様式を他人も持っているに違いないと
見た目から違う外国人はともかく、日本人だったらば・・的な

いつだったか、中学か高校に通っていた大昔・・・
私が切実に「自分の常識は他人の非常識たりうるのだ」と思う事件があって
それは「ブドウの食べ方」についてのアンケートをした時のこと。

ブドウには「噛んで食べる派」と「飲み込んで食べる派」があるのです。
私は粒のサイズに関わらず、噛んで食べる派で
「あんなもん、どうやったら飲み込めるねん??」と思ったけど
ブドウを飲んで食べる人というのが、ビックリするほど多かった。
彼らは一様に「ブドウを噛む人間がいるなんて信じられない」という反応なのです。

世の中には「一切モノを噛まない」人がいるという話を聞いたことがある。
直接、そんな人を見た訳ではないから本当かどうか分からないけど
まぁ、そういう人もいるらしい。
ホンジャマカの石塚さんは「カレーは飲み物」だと言うし
牛乳は噛んで飲む方が良い、という考えもあるようだし
飲むか噛むかも人それぞれ違うのです。

飲むという事で、私がカミングアウトすると大抵ビックリされるのが
「ガムを飲み込む」ということです。
大好きなロッテの梅ガム(板)は30分もあれば、1パック全部飲み込んでしまいます。
・・・というか正確には「飲み込まずにはいられない」のです。

ガムを飲まない人の中には
「ガムを飲んだら胃にへばり付いて大変な事になる」と思い込んでる人もいて
「吐き出して紙に包んで捨てるべきだ」と諭されたりします。

それにしても、人間が加工して作った食品の中で
「吐き出すことを前提に作られたモノ」なんてガムくらいしかないよね。
他に何かあるかしら?
[PR]

by kokuzo89 | 2008-10-19 12:19 | 徒然 | Comments(0)