「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

もう3年!?

WBCやってますね。全然興味無いんだけど・・・
日本はそこそこ盛り上がってるみたいですね。

さっき、テレビをつけたら西武との強化試合で6回の時点では日本チームが負けていた。
イチローが出塁したのに、盗塁失敗というシーンで放送時間が終了になった。

前回大会、酷かったな。今思い出しても腹立たしい。
第1、第2ラウンドで韓国は日本を完膚なきまでに下したのに
準決勝で3回目に当たって、この時に日本が勝ち、そのまま優勝してしまった。
野球の国際試合のあのシステムは何とかならんのか?
北京五輪の時のソフトボールも、同様のシステムのお陰で日本チームが金メダルを取った。
良かったな、とは思うけど、何か腑に落ちないモノが・・・
何故、同じチームと何回もやらねばならないのか??

ま、別にいいのです。
私は原が大嫌いだから、日本が負けたらよいと思っています。
本戦始まっても、たぶん見ないと思います。

それよりも、ビックリしたのが前回大会の開催されたのが3年前だということ。
アレ去年じゃなかったっけ??

時間の感覚が麻痺しまくっております。歳月の流れの早さを再確認・・
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-28 21:09 | 野球 | Comments(0)

クダンの書評

宮沢章夫さんの書評の中で一番笑ったのをご紹介しようと思います。
独り、部屋の中でゲラゲラと笑いが止まらなくなりました。
面白くない人にはちっとも面白くないかもしれません。ご了承ください。

紹介しているのは、チェンニーニの「藝術の書」という本。
以下はそのまま引用です。

--------------------------------------------------------------------------

(前略)

「いかにして栗鼠毛の筆は作られるか」や、「いかにして豚の剛毛の筆を作るべきか」にも唸る。
リスの毛や豚の固い毛で筆を作ると考えれば、どこかかわいらしい気がするが、
この言葉つきからは、いまにも軍艦が出来ちゃうようなダイナミックな響きを感じるだろう。
そして、リスの毛で筆を作る方法について、本文はさらに凄いことになっている。
「まず栗鼠の尻尾を取り(他はすべて無用)、それを煮るがいい。生ではいけない」
といきなりきた。ここで注目すべきなのは、かっこのなかの「他はすべて無用」だろう。
そりゃあそうかもしれないが、リスがかわいそうじゃないか。
しっぽだけ取って他は捨てるのか。「生ではいけない」ってのも怖いが、言葉はさらに続く。
「皮屋は君にかく告げるだろう。この尻尾を持って、まず第一に先端部の長い毛を引き抜くがいい」
こんな高飛車な口調で、皮屋は商売が出来たのかと、関係ない私まで心配にさせるが、
皮屋はさらに言うらしい。

(後略)

---------------------------------------------------------------------

ちなみにこの本は注文しませんでした。
もともと絵画の技法に関する指南書らしく私にはあまり用事の無い分野なので・・・
チェンニーニという人は名前から見当がつくようにイタリア人で15世紀に生きた人だそうです。
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-28 19:30 | Comments(0)

ホットカーペットに負けた

買いたい本があったから、本当は今日は外出するつもりだった。
川崎のラゾーナに丸善の大きな本屋さんがあるから
ウォーキング兼ねて川崎まで歩いて行こうと思っていたのに・・

私の生活は決して運動不足ではない。
毎日、会社まで1キロちょっとの道を往復歩いてるし
お昼休みは欠かさず卓球をしてるし、仕事後も週に2回くらいは卓球をしてる。
月に2回くらいはテニスをするし、春から秋にかけては野球だ。

だから、まぁ週末に家でゴロゴロするのも構わないのだけれども
家にいたら日も暮れる前からビールを飲んでしまうから
なるべくなら外に出た方が宜しいんじゃないかな?と思ってるのです。

寒いのが好きだ好きだと言ってるくせに、朝遅くに起きて
洗濯をしてる間にホットカーペットに入ってしまったが最後
もう、外に出る気がキレイさっぱり失せてしまった・・・

本も結局、Amazonで済ましてしまった・・・
ネットショッピングは便利だけど、怠惰な人間をさらに怠惰にするなぁ。
おかげで昼間っからビールを飲んでしまったじゃないか!!!
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-28 19:10 | 生活 | Comments(0)

ネットショッピング - 本

私は読書をほとんどしません。活字を見ると睡魔が来る体質です。
睡眠導入用として、もう何か月も前から枕もとには2冊の本が置かれてます。
一つは別役実さんの「動物づくし」。もう一つは宮沢章夫さんの「牛への道」。
どちらも1つのお話が極めて短い(2ページから6ページくらい)。
その短いお話を1つ読むか読まないかのうちに、ぐっすり眠り込んでしまうのです。

いえいえ、本はとても面白いのですけどね・・・

別役実さんという方はもともと劇作家が本職の人ですが私は戯曲の方には
さっぱり面識がなく、彼の「〜づくし」シリーズの愛好者です。

宮沢章夫さんの本は、この「牛への道」しか持っていません。
古本屋さんで10円くらいで買ったように思います。
「脱力系エッセイ」と分類される代物で時々、すごくツボに嵌るモノがあります。
この本の後半部分は書評になっているのですが、これが上手い。
なんか、つい買って読んでみたくなるような気にさせる紹介文なのです。
で、すっかり乗せられて、Amazonで彼の紹介した本を注文した。

ついでに先日、美容院で読んだ「動物占い」の新版も注文してみました。
占いに対する興味は人並より薄いと思いますが、人々を
動物に当てはめるのが面白そうで、到着したら、知人達が
何の動物なのかを調べて、楽しもうと思っています。
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-28 18:57 | 買物 | Comments(0)

ネットショッピング - K-POP

「オンニネイバルグヮン」という韓国のロックバンドが好きです。
多分、韓国人でも知らない人の方が多いと思います。
さほど売れてはいないバンドです。
ファーストアルバムが出たのが1996年だから、まぁ古め(?)のバンドです。

You Tubeをポンヤリ見てたら、知らない彼らの曲に行き着いた。
ニューアルバムが出たらしい。去年の8月だった・・あぁ、知らなかった。
何かにつけ情報には疎い私ですが、こりゃ、ファンとして、問題大きいなぁ・・・

さっそく、韓国のCDの取り扱いのあるネットショップで注文!
ついでに昔よく聴いていたバンドの新しいアルバムやら
タイトルとジャケットだけ見て、ソソる感じのする知らないバンドのモノを
冒険的に注文してみました。合計5枚のお買い上げ。

10日前後で届くそうです。楽しみ。
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-28 18:44 | 買物 | Comments(0)

金曜日、横浜に雪が降った。
この冬に私が見た初めての雪でした。
先日、春一番が吹いたというニュースがあったので
あ〜もう冬も終わりか・・・と思っていた所に再来した寒い日々
そして雪。

テンションも上がろうというもんです。

積もればイイなって、ちょっと思ったけど
雪道に慣れていないので積もると歩くのが大変。

来週も引き続き寒い日々が予定されているらしく独りウハウハです。
どうやら多くの人にとって寒いという事は「良からぬ事」らしいのですが・・・

アル中になってから、かなり改善されたとはいえ
私は基本的に末端冷え性なので、手の指や足の血行が悪く
室内にいても指先が紫色になって痺れたりもするのですが
それにも拘わらず寒いと嬉しい。
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-28 18:31 | 徒然 | Comments(0)

今日の課題曲

近頃、若干サボり気味のウクレレです。
今日はカエルの歌を練習しました。
逆に「何故今までやらなかったのか?」ってな曲です。
和音によるメロディ弾きと変調にチャレンジしました。

kaehap222.jpgがみちゃんのアメリカ土産
カエルちゃんを乗っけて・・
基本的に簡単な曲なのですが
和音を弾くのに苦労しました。
すごい集中して何とか間違えずに
最後まで弾けた時はすごい安堵感です。
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-22 22:33 | 音楽 | Comments(4)

変テコリンな感じ

今日のヒヤシンスです。
ユキオはお爺さんになりつつあります。
ミョウガ2世は茎も立派にスクスクと育っております。
が、横に皺くちゃの初代がいる為に可笑しな感じ・・・
hiy2222.jpg


















pocnehig.jpgこちらはミョウガの根っこ。
すごーく逞しい太さです。
ユキオの根っこは細くて
儚げな感じがします。
さすが高い球根は・・・・
(このフレーズもう何回目?)

davytakohige.jpg
ミョウガの根っこを見てたら
パイレーツオブカリビアンの
髭面の船長さんを
思い浮かべてしまいました。
何となく通じるところが
あるような気がしないでしょうか??
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-22 11:34 | 植物 | Comments(4)

嗚呼 LARK MILD!!

煙草をやめて、8年と5ヶ月になります。
やめるまでの喫煙時代は10年ほど。
学生の時はチェーンスモーカー
働くようになってからはヘビースモーカー
煙草なしに生きていくなんて考えられない
というほどのニコチン中毒者でありました。

未だにココロは喫煙者のサイドです。
煙草を吸えるスペースが減っていく事に淋しさを感じています。

あの頃から、煙草の値段はかなり高くなっているし
いつかのタイミングでパッケージが全面的にリニューアルされ
どれも、ちゃちくなったなぁ、と思っていたのですが
今日、煙草の自販機横に張り付いてたポスターを見てドキッとした。

larkmildc.jpg
ラークマイルドです。懐かしい。
私の喫煙時代の終盤はコレでした。
(たまにゴールデンバット)
復刻パッケージとは泣かせる。
やっぱりラークはこうでなきゃ!!!
と、妙に嬉しい気分になるのです。
センチメンタル・・・!?
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-21 23:48 | 徒然 | Comments(0)

梅とサンシュ

2月の三ッ池公園では殆ど咲いてる花を見られませんが
数少ない開花中のお花を激写しました。
共にコリア庭園に咲いていたモノです。

korumewh.jpg白い梅の花です。
恥ずかしい話ですが、私は
花だけだと梅と桜の区別が付きません。
木の幹や枝の具合で判断です。
こうして見ると・・・どうやら
蕾の形も違うような気がします。

sanshuk.jpgこちらはサンシュという花。
接写で撮るとパッとしませんが
木全体としては黄色が映えて
華やかな空気を醸してました。
黄色は取り立てて好きな色ではないけれど
菜の花、ひまわり、レンギョウ、どれも好き。
[PR]
by kokuzo89 | 2009-02-21 23:31 | 植物 | Comments(2)

ぼちぼち復活 のんびり更新


by kokuzo89
プロフィールを見る