<   2009年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

旅の仕上げのハンバーグ!

長々と書き綴ってきた、「Gold Rush Tour」のレポートも最終章(ヤッター!!)

18時半に新宿到着の予定が20時半になった。
新宿駅周辺はやたらと広く、出口がたくさんあって複雑。
目的のハンバーグ屋「Gold Rush」を見つけるのに一苦労。
やっと行きついたら、満員らしく店の外の階段に2組ほど待っていた。
ゲンナリしたが20分ほどで中に入ることが出来た。

お店の看板とサラダ×2(小さい方はセットに付いて来たモノ)
goldrhumshi.jpg













生ビールとサラダを食べながらハンバーグを待つ。
ほどなく、アツアツの鉄板に乗ったハンバーグが運ばれてきた。
店のお兄さんがソースを掛けると、ジュウジュウといい音がして
美味しそうな匂いが炸裂する。
hubrg22.jpg












冷めないうちにとガツガツ食べました。
フツーに美味しかったですが、また食べたいという程ではありません。

いや、こんな風に妙なテーマを設けて旅行をしたのは初めて。
けっこう面白かった。タイトなスケジュールという程ではなかったけど
そこそこ充実の1泊2日でした。疲れた。

やっぱり家が一番良い。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 23:28 | 出掛 | Comments(2)

高速バスで「Gold Rush」読破

修善寺で温泉を堪能した後は、「Gold Rush」ハンバーグ目指して一路、東京新宿へ!
行きは電車を乗り継いできましたが、帰りは高速バスの旅です。
バス乗り場は観光客で賑わう。
busnrbsh.jpg












しかし、私はすっかり忘れていました。
シルバーウィーク、高速道路がメチャクチャ混んでいるという事を・・
普段なら修善寺から新宿まで3時間で着くところ、5時間かかりました。
写真は高速バスから見た(多分)東名高速道路の渋滞具合。
inksbs.jpg









お陰で、すっかり、小説「Gold Rush」を読破出来ました。
活字から離れて久しく、寝る前に少し本でも読んでみようかと
ベッドに本を持ち込んでも、1ページ読み切る前に眠りこける始末・・・

文庫で391ページと、そこそこのボリュームのある小説で
正直、読み切る自信は無かったのですが・・・

お話自体はまるで面白くない。すぐキレる14歳の男の子が主人公で
コレが学校に行かず、酒は飲む煙草は吸う麻薬も吸う女子高生を輪姦する
父親の飼い犬を叩き殺す、挙句、父親まで殺してしまうと
まぁ、散々な話でした。
たくさんの登場人物が出てくるのだけど、誰一人、好感持てず・・・

何かの文学賞を取ったそうですが、私には良さが分かりません。
そもそも私は大して事件の起らないポヤーンとした話が好きなのです。

ま、でも本当に久しぶりに本を読み切った、という事実に満足しています。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 23:08 | 出掛 | Comments(0)

修善寺温泉

土肥にも温泉があり、この辺りは、伊豆なのです。
そんじょそこらに温泉がある地域なのです。
私は修善寺温泉でお風呂に入りました。

道路沿い、芝生(?)をキレイに刈り込んで修善寺!
shuzkarkm.jpg











修善寺温泉で唯一の立ち寄り湯らしい「筥湯(はこゆ)」。
入浴代350円、シャワーが1つ付いてるだけで、あとは掛け流しの檜の湯船のみ。
シンプル極まりないけど、清潔で気持のよいお風呂でした。
hakoyshz.jpg





















修善寺温泉街にはお蕎麦屋さんがたくさんありました。
私もそのうちの一つに入って昼ご飯を食べました。
shuzsanyk.jpg















伊豆の蕎麦が名物なのどうかは知りませんが、
ここで、なにも「讃岐うどん」やら「更科そば」を売らなくても・・
私は「当店特製ヤーコンそば」を頂きました。美味しかったです。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 22:38 | 出掛 | Comments(0)

世界一の花時計 〜再び土肥〜

土肥が誇るのはギネス認定の金塊だけではなく
ギネス認定の「世界一の花時計」!!
handoktoi.jpg


















信頼のブランド「シチズン製」、神戸三宮の花時計より遥かに大きく
上から見た全貌をカメラに収めるのは不可能。
時計の周りにはグルっと、足ツボを刺激するための小石が埋め込まれ
バス待ちの親子連れがキャーキャー言いながら歩いてました。
ちなみに私も靴を脱いで、小石を踏みしめて一周歩いてみましたが
痛すぎて死ぬかと思いました・・・

なお、土肥にもイイ雰囲気の海水浴場がありました。
小さな子供を連れた家族がけっこう沢山いてほのぼの。
toikaiyj.jpg
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 22:22 | 出掛 | Comments(0)

ググっと戻って黄金町

なんだか、旅行記の最初に小田原を持ってきてしまい
その後は旅の順序に従って書いて来たけど、もともとは
黄金町から始まったのでした・・・

柳美里の小説「Gold Rush」の舞台でもある街。
鶴見の家から京浜急行で一本、20分。近い。
koganchkk.jpg













hinodench.jpg黄金町から日ノ出町まで
大岡川ぞいを歩いてみた。
かつての風俗店は全て
営業停止となってましたが
店の残骸が生々しく残っていて
かなり異様な雰囲気。

少し歩けば嫌でも目につく
黄色い看板には
「売春飲食店を撲滅し
 明るく住みよい街に!」
とのスローガンが・・

警察官が街のそこここに立ちはだかって
物々しいったらない。
何も悪いことをしていないのに
後ろめたい気分になる場所でした。


大岡川にタムロする3人組。街の風景にやたら馴染んでた。
kogane3ms.jpg
















日ノ出町駅前に堂々と営業するストリップ劇場。スゴイ所や・・・
strphg.jpg
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 22:04 | 出掛 | Comments(0)

砂金採り体験

土肥金山では砂金採りの体験が出来ます。
600円で30分砂金採り放題、30粒以上取れたら砂金採り名人として登録。
目指せ、一攫千金!!などと煽られて、老若男女が砂金採りに励む。
みんな血眼になって砂金を探す(ちょっとオーバー)。
sakintorrnnn.jpg













kokuzogg8.jpgプラスチックのお皿を使って、
私も砂金を探しました。
なかなか見付からないのですが、
お皿の底にキラリと砂金が光ると
すごく嬉しい。原始的な宝探しの喜びです。
収穫はたったの8粒。
砂金採り名人への道は遠く厳しい

ゲットした砂金は
専用のケースに入れて
お土産として持ち帰れます。
良い旅の思い出です。
しかし、どこを見回しても
一人ぼっちで砂金採りを
していたのは私だけ。
あぁ、寂しい・・

でも平気。
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 21:49 | 出掛 | Comments(0)

電動人形ワンダーランド

土肥金山では、観光坑道というのが整備されていて、なかなか見モノ。

以下、土肥金山HPより引用
坑内巡りは、総延長100km以上にも及ぶ坑道の一部に、
電動人形が再現する江戸時代の金山採掘の様子を見ることができます。
江戸時代の坑内作業風景を等身大の電動人形がリアルに再現しています。
坑内めぐりの長さは、約400メートル。所要時間は、約20分です。


さて、いよいよ坑道へ!
白虎隊チックなお兄さんに「ようこそ」と迎えられる。
ちゃんとセンサーが付いていて人が通る時にだけお辞儀して挨拶をする。
kodoent.jpg
















全ての電動人形について土肥金山HPに良い状態の写真が
掲載されているので、万が一、興味がある方はそちらをどうぞ。
坑道内は暗く、私は写真を撮りませんでしたが一枚だけHPよりパクってきました。
坑内風呂だそうです。お姉さんの入浴シーン。なかなかのサービス精神!!
toifuro.jpg










全体的な雰囲気は、遊園地のお化け屋敷の感じ。
もちろん、金採掘の仕組みについて説明した学習的な内容だし
電動人形は非常に能天気な声で喋るので全然怖くはないですが・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 21:34 | 出掛 | Comments(0)

土肥金山のギネス金塊

閑話休題

ようやく、旅行の最大の山場!?土肥金山へ
修善寺の駅からバスに乗って50分。遠い!読書が進みました。
朝10時半頃に到着したのですが、すでに観光客でけっこうな混雑ぶり。
ずいぶん辺鄙な場所にあるにもかかわらず、人気スポットのようです。

入口の様子。千両箱から大判小判がザックザクのモニュメントに迎えられる。
toikinent.jpg


















ここの目玉は何と言っても、ギネス記録に認定されたの世界最大の金塊です。
250キロ、7億円以上もするそうです。
手を突っ込むための穴のあいたプラケースの中に鎮座していて
スゴイのだけどあまり有難みが感じられない。
自由に触って良いのだけど、私は見るだけにしました・・
gnsgk250.jpg
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 21:13 | 出掛 | Comments(0)

シルバーウィークも卓球だ!

旅行記はようやく一日目の小田原が終わったばかり・・・
あーしんどい。ということで、中休みを兼ねて卓球の話題を。

私の今年のゴールデンウィークは「卓球に始まり卓球に終わる」といっても
過言ではない程、卓球漬けの毎日でした。
シルバーウィークはそこまでは行かないものの5日の休みのうち
丸々2日を費やしたのだから、かなりのモノ。

さて、見たのは関東学生リーグという大学生の団体戦でした。
関東だけで1部から6部まであるというのだからスゴイ。
当然、私が見に行ったのは1部リーグの試合です。
これまで、世界卓球、全日本選手権や高校総体他いろんな試合を見ましたが
アマの団体戦は初めて。これはビックリです。あまりのうるささに・・

試合をしている台の後ろにズラーっと10人以上の選手と
監督とコーチが並んで座っているだけでも変な光景なのに
これが1点入るたびに、全員が立ち上がってワァワァ言うのです。
さっすが部活動!!!気合の入り方が違う。と感心。
最初はビックリしたけど、すぐに慣れました。写真はワァワァ言うてる所。
kglwsd.jpg
















この日は一部リーグの最終日。全勝同士の明治と早稲田の対決とあって盛り上がる。
先に4勝すれば勝ちなのですが、結局、どちらも譲らず
3-3まで行き、最後のシングルスで決着がつきました。
明治の勝ち。

私個人としては学校に対しては、もちろん何の思い入れもないので
ひたすら、目につくカットマンを応援しました。

もともと大好きな石垣優香ちゃんは今回、私が見た時は
全くイイとこ無しでした。スランプなのかしら???
同じ淑徳大学の白鳥舞という、宝塚歌劇団員みたいな名前のカットマンが
1年生という事だけど、素晴らしい試合を見せてくれました。

男子では早稲田の写真にも名前の出ている「御内」という選手が
ドライブ攻撃もガンガンに仕掛ける、攻撃派カットマンで
今後とも、注目して行きたいなと思いました。

また、会場では昔所属していたチームのメンバーに再会。
みんなの消息も聞いたりして懐かしい気分になりました。

それにしても水谷、強すぎ・・・
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 20:52 | 卓球 | Comments(0)

昼間っから箱根ビール

かまぼこ博物館の隣には、鈴廣というかまぼこメーカーの販売店になってて
色々とイートインも出来るスペース。こちらで軽く腹ごしらえ。
odekurobkam.jpg















おでんは本日のサービスメニューとして、500円。安い!
鈴廣さん自慢のおでんネタ5つ&大根、玉子、こんにゃく、コンブと豪勢!
しかし、練物にあまり興味の無い私は鈴廣さんとは関係の無いネタの方を
より美味しく頂きました。

そして、ビールは・・・
hakonnbs.jpg














かまぼこ販売所に隣接する箱根ビール醸造所(下写真)で作られたばかりの
ナマの地ビール「こゆるぎブラウン」!
味の事は良く分からないけれども、メチャ美味しかった!!
hknbeerjozo.jpg
[PR]

by kokuzo89 | 2009-09-27 20:24 | 出掛 | Comments(2)