漫画本

出張帰りの金浦空港にて、非常に待ち時間が多かったのですが
私は主に本屋さんで時間をつぶしました。
そして、ハングルの漫画本を2冊ほど買いました。

漫画は立ち読みが出来ないようにフィルムで包まれていたので
内容は全く分らないまま冒険の購入になります。

こちらは「消しゴム」というタイトル。装丁が凝ってて高価!
a0150848_12165621.jpg
作者はイラストレーターということで、中を開けてみると、文字は非常に少ない。
猫が主人公の短いストーリーが読み切りで36個入っている。
活字を見ると、即効で睡魔が訪れる私でもアッサリ読めてしまいました。
相当辛気臭い内容のストーリーが多いけれども、面白い。

もう一つ「心の声」という、こちらはネットでブレイクした漫画シリーズ。
私が買ったのは、第5巻です。装丁がカエル色だったのが購入ポイント!
絵のタッチは正直好みではない。
a0150848_12244537.jpg
やはり短編の漫画(不条理系ギャグ漫画?)が48個収録されている。
コチラは文字も多く読むのに結構時間がかかる。
最後に綺麗なオチが必ず付いてきて、なかなかに爽快である。
韓国語ということでひとまず理解するのに時間が掛ってしまうせいで
大爆笑!!とはならないけれど、着眼点やら言葉の使い方が面白い。
絵のタッチも見慣れて来ると悪くないような気がしてくる。

どちらも「そこそこ当たり」でした♪
[PR]

by kokuzo89 | 2010-11-14 12:33 | 韓国