静かにゾッとする

先日、会社からの帰り道、草むらの所で白いバッタが目に入った
すぐ近くには茶色いバッタもいました。
「あら、白いバッタなんて初めて見たかも~♪」と思ってよく見ると
ちっとも動く気配がなく、近づいてみたら、茶色いバッタの抜け殻でした。
全く、見事な脱ぎっぷりで、バッタそのものの状態で草にしがみついていたんです。

もうずいぶん前から、会社にカメラを持って行く事が出来なくなったので
通勤路にて写真を撮る事が出来ない。スマホは持ってない。
ガラケーにカメラが付いてはいるのだけど、シールが貼られてて剥がすのが面倒。

というので、バッタの抜け殻を持って帰って、家に帰ってから撮影しました。
a0150848_12114173.jpg
あ~あ、すっかり残念ヘロヘロな姿になってしまいました。

で、何がゾっとしたかというと、バッタの抜け殻を見つけて、テンションがウィ~~ンと上がって
喜んで持ち帰って写真を撮ってる自分が44歳という事実。
例えば、とみこさんが44歳の時というと、私は高校の2年か3年という事になると思う。

高校生の私が自分の母が嬉々としてバッタの抜け殻を家で弄んでいたら
絶対ドン引きしたやろうなぁ・・・・

ココロはいつまでもガキンチョのままで、この頃は通勤時に田んぼでおたまじゃくしが育つ様を
毎日、楽しく観察していたりもするのだけど
「これって、相当オカシいかも・・・・」と冷静に考えると恐ろしくなります。

今の時代、ステレオタイプな生き方を強要される事が無いのは大変ありがたい反面、
なんか間違ってるかも、と自分の人生にクエスチョンマークが浮かんでしまいました。
[PR]

by kokuzo89 | 2015-07-18 12:20 | 徒然