テッチャン大好き!

友達の定義なんかを書いたことで、当初の「帰省中の出来事について書く」
という思惑からはもうすっかり離れてしまった・・・
やっぱり夜半過ぎに文章を書くとロクなことになりません。

始めてしまったので続けます。

カオルサンと焼肉屋さんに行きました。
関西にいる時は、色んな食べ物屋に行きましたが
私が横浜に来て以降はほぼ「カオルサンと会う時は焼肉」です。

テッチャン(ホルモン)をこよなく愛する私たちは
だいたい、テッチャンだけで4,5人前は平らげます。
もちろん、それ以外にも、いろいろ食べます。

かつて行きつけていた某焼肉屋で、お勘定を頼んだ際に
女将さんが伝票を見ながら電卓をたたいてはじき出した数字を見て
そして、客が女二人であることを確認して、訝しげに
「何かの間違いだろう?」という顔で再び伝票を計算しなおして
やはり同じ額が電卓に表示された後、驚愕の表情で私たちを見たのは
今でも誇らしい気持ちになる思い出です。

そして、今回は初めて行く焼肉屋さんで・・
私たちが、ほぼ暗黙の了解となってる、お決まりのメニューを
淀みなくオーダーしていくと、
しばらくして店の主人が鉛筆で伝票に注文を書き取る手を止めて
『あんたら、絶対そんなに食われへんで』という顔を見せた。

「ご心配なく。ちゃんと食べれます」と断り、オーダーを通してもらいました。
のみならず、その後、お代りのテッチャンを注文し、
それぞれ、クッパと冷麺で〆て、身も心も満たされて帰りました。
体育会系男子高校生並みの素敵な肉喰い力を誇る私たちです。

秋には一緒に香川県に「讃岐うどん巡礼の旅」へ赴く予定です。楽しみ。

焼肉の話ばかりになっちゃったけど、今回もカオルサンには
いろいろと興味深い話を聞かせてもらいました。
私のかわり映えのしない平穏な日々に比べて、何かとドラマチックで
聞いてるだけで、かなりウキウキしちゃいます。
当のご本人にとっては大変なことも多いのですが・・・

また、次回、会って、話の続きを聞くのが今から楽しみ。

あぁ、目覚めた時は稲妻だけだったのに今は雷鳴がスゴクなってきた。
近い。そしてジャブジャブの豪雨!!ステキ!!
[PR]

by kokuzo89 | 2008-08-29 04:19 | 交遊