ベルギービール

先日、川崎にあるベルギービール専門店に行ってきました。
お店の名前は「パトラッシュ」って、もしや???
なんと、フランダースの犬はベルギーが舞台なんですね。知らんかった・・

ま、そんなことはともかくビールです。一杯目は樽生で・・・
patr1.jpg左はホワイトビール。
少し、濁ってます。
私が飲んだのは右の方。
色は普通のビールの色。

あまりアルコール度数の
高くないモノをセレクト。
やっぱり、最初の一杯は
格別に美味しい。

味は、やっぱり日本のとは違う。
具体的に何がどう違うか???
という説明は私には不可能。


patr2.jpg2杯目。左は禁断の果実。
という名前のモノ。
私が飲んだのは右。
レッドビール。
ワインを醸造した後の
樽で作ったビールだって。
期待したような
鮮やかな赤という訳ではない。


こりゃ、すごいワインの匂いがする。味もまた然り・・・
ワインとビールを混ぜた訳じゃないとの事だけど、そういうカクテルみたい。
ワインを漬けた後の樽って強烈に味が沁み込むのだなぁと驚き。

patr3.jpg3杯目。
そろそろ記憶が・・
おそらく修道院の
秘蔵のレシピで作った
とかいった触れ込みの
スペシャルビール
だったと思う。
味は・・・
日本のビールとは違う。
(ザックリな感想・・)

patr4.jpg4杯目。
私はホワイトビールを注文
したと思う。多分。
ワンコと少年
(パトラッシュ&ネロ?)が
印刷された、かわいいグラス。

味は・・・美味しかった
と思う。


patr5.jpg5杯目。
これが最後のビール。
背の高いグラスに注がれて
ビールらしい感じ。

しかし、これが曲者。
何かのフルーツを漬けこんだか
やたら甘酸っぱい。
ビールか?コレ?



最後に、頂いた全てのビールの空き瓶を並べて記念撮影!なかなか壮観。
patbebot.jpg













瓶はそれぞれ、味わい深く、なんとはなし上等なもんを飲んだ。
という気分に浸らせてくれる効果バツグン!!

ビールはどれも特徴があって日本のモノとはずいぶん違うな
という印象でした。美味しく飲めたモノもあるし
「なんじゃ?これ??」というモノもありました。

写真は撮らなかったけど、お料理もイロイロ食べまして
コチラはどれも予想を裏切らない味で美味しかったです。
本当はムール貝がウリらしく、多くの人が食べていましたが
私はどうも貝がダメなので、ソーセージやサラダ、ピザなどを頂きました。

気前よく御馳走して下さったOさんに感謝感謝!
[PR]
by kokuzo89 | 2009-06-13 16:57 | 酒類