アホは死なんと治らへん

腱鞘炎で卓球が出来なくなってしまった私は、手持無沙汰な昼休みの時間に
ユーキャンの資格講座で人気ランキング第10位の
「マイクロソフト認定資格」の勉強をすることにしました。
a0150848_11584571.jpg

というのは嘘っぱちで、ラケットを左手に持ち替えて、相変わらずの卓球三昧。
これはもう、立派な病気かもしれない。「ピンポン依存症」・・・
ま、卓球をやらない周りの人から小馬鹿にされるということを除いては、
これといって困ることもない人畜無害な病気です。

しかも自分でも驚くほどにアタシは左手卓球が上手い。
右手でやるのと遜色ない、というとキャリア5年の右手に失礼だけど
ダブルスをやると、ほとんど負けない。
甘い球しか打てないので、相方に多少、迷惑を掛けるけど
自分でもコントロールの効かないヘロ球は対処しにくいらしく、敵のミスを誘う。

世界ランキング10位の水谷は卓球で有利になるようにとの親の意向で
子供の頃に右利きをわざわざ左利きに矯正されたらしい。
事情は違うけど、私も左でさらなるスキルアップを目指そうと思います。

腱鞘炎は、注射の効果は1日で切れてしまい、発症時よりも痛みは強くなっている。
所詮医学の発展なんてそんなもんよ、と諦め、とにかく休ませる方向で・・・
しかし、仕事はメチャクチャ忙しく、日がな一日、パソコンでキーボードを打ちまくりだし
フツーの生活でも右腕はあまりにも不可欠。
この週末は、とことん休ませようと思っています。

とはいえ、あまりにも甘やかすと、余計に怪我人気分が昂揚しちゃって
実際以上にひどい症状であるような錯覚が起って来て、我ながら身体の動かし方が
妙にわざとらしくなってきて、恥ずかしい気分になる。
今日なんか、食器の洗い物をするのもツラいような気がした。
病は気からなので、余りにも過保護にしないように気をつけたいと思うが
どの辺りで折り合いをつけるのが望ましいのか、病気慣れしていないのでよく分らない。
[PR]
by kokuzo89 | 2010-01-23 12:02 | 卓球